NEWS

アジアンデザイン研究所

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所 第2回国際シンポジウム

2013年04月24日 生涯学習・公開講座 国際交流 アジアンデザイン研究所 プレスリリース

送る舟・飾る船……鳥と龍が支えるアジアの舟山車…… 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所[アジアのかたちとデザイン]第2回 国際シンポジウムは、 龍や霊鳥の姿を飾りつけ、仏像を戴き、 魂を運ぶ「舟形の山車」の意表をつく […]

ギャラリートーク@神戸ファッション美術館

2013年03月22日 アジアンデザイン研究所

現在、神戸ファッション美術館にて開催中の 「生命(いのち)の樹 Sarv(サルブ) ─Archi-dress ペルシャのデザイン─」展において 下記の日程にてギャラリートークを行います。 日時: 2013年3月30日(土 […]

「生命の樹・サルブ」展の開催について

2013年03月06日 アジアンデザイン研究所

Archi-dress ペルシャのデザイン アジアンデザイン研究所客員研究員のモジュガン・ジャハンアラさんによる展覧会 「生命の樹・サルブ」展が神戸ファッション美術館で開催されます。 イランの伝統的な模様「サルブ(糸杉) […]

アジアンデザイン研究所、アジアの鳥、蛇を主題にした特別講演会について…

2012年12月25日 生涯学習・公開講座 アジアンデザイン研究所 イベント

講演テーマ インド神話におけるガルダ(光の鳥)とナーガ(大地の蛇) 講師 小西正捷(立教大学名誉教授) 図像構成 アジアの鳥、アジアの蛇…杉浦康平(神戸芸術工科大学/アジアンデザイン研究所所長) 日程 2013年1月12 […]

『動く山 アジアの山車(この世とあの世をむすぶもの……)』出版

2012年12月25日 アジアンデザイン研究所

本書は、2010年6月12日、神戸芸術工科大学(KDU)アジアンデザイン研究所(RIAD)が主催した、第1回国際シンポジウムの記録である。「アジアの山車」の比較研究をテーマにした各発表者のその後の調査研究の成果も加え、図 […]

「動く山」アジアンデザイン研究所国際シンポジウム=要約レポート

2010年07月26日 国際交流 アジアンデザイン研究所

http://www.youtube.com/watch?v=8QP1v3yVnkU 「動く山」のシンポジウムが開催された… ◎2010年、6月12日、快晴。神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所の開設を記念する、第一回 […]

[2010年5月28日スケジュール更新]神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所開設記念 第1回国際シンポジウム

2010年04月22日 地域交流・ワークショップ 生涯学習・公開講座 国際交流 アジアンデザイン研究所 プレスリリース

>>ENGLISH(PDF) 主催: 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所 日時: 2010年6月12日(土)10:00~18:00 場所: 神戸芸術工科大学吉武ホール テーマ: 動く山―この世とあの世を結 […]

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所設立へ

2010年01月01日 アジアンデザイン研究所

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所設立へ 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所は二〇一〇年四月の開設を目差し、以下を準備内容として設立準備中です。 アジアンデザインの現状を調査・研究する。 アジアンデザインのデータ […]

2009/10/24 「2009北京世界デザイン大会」 杉浦康平 特別講演

2009年10月24日 アジアンデザイン研究所

本学 杉浦康平 名誉教授が、北京で開催された「icograda world design congress」において講演を行いました。 関連記事:<http://www.designboom.com/weblog/ […]

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所準備室 第一回シンポジウムが開催されました。

2009年06月29日 アジアンデザイン研究所 イベント

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所は 2010年4月の開設をめざして、去る6月20日に「太鼓台は宇宙山」と題し、本学クリエイティブセンター2階プレゼンテーションルームにおいて第1回シンポジウムを開催いたしました。 当 […]

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所準備室 第一回シンポジウム「太鼓台は宇宙山」日本のかたち、アジアのかたちが照応しあう…

2009年06月29日 アジアンデザイン研究所 イベント

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所は、日本、韓国、中国、香港、台湾、タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、インド、ネパールなどに みられるアジアンデザインの特性と魅力を、フィールドワークと比較研究活動をとおして […]