「バリ島の影絵芝居—アルジュナの瞑想…」開催のお知らせ(アジアンデザイン研究所)

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所では、2017年10月28日(土)14:30より同キャンパスのクリエイティブセンターにおいて、「バリ島の影絵芝居公演」を行います。先着70名様に一般無料公開いたしますので、メール又はFAXにてお申込みください。 バリ [ ... ]
アジアンデザイン研究所
日時:10/28(土)14:30〜17:30

「表裏異軆(ひょうりいったい)—杉浦康平の両面印刷ポスターとインフォグラフィックス」出版のお知らせ

杉浦 康平名誉教授(アジアンデザイン研究所所長)と神戸芸術工科大学共同研究組織の共著による「表裏異軆(ひょうりいったい)—杉浦康平の両面印刷ポスターとインフォグラフィックス」が出版されます。 内容紹介 「杉浦康平ポスターアーカイブ・プロジェ [ ... ]
発売日:6/28(水)

アジアンデザイン研究所「バリ島の影絵人形芝居 パンダワの奴らは何処へ消えた? ─ウィラタ国に身をひそめるパンダワ五兄弟の物語─」開催のお知らせ

神戸芸術工科大学 アジアンデザイン研究所では、2017年1月28日(土)14:30より同キャンパスクリエイティブセンターにおいて、「バリ島の影絵芝居公演」を行います。先着70名様に一般無料公開いたしますので、メール又はFAXにてお申込みください。 バリ島 [ ... ]
アジアンデザイン研究所
日程:1/28(土)
参加費無料・事前申込制

『「靈獣が運ぶ アジアの山車」この世とあの世を結ぶもの』を刊行(アジアンデザイン研究所)

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所はシンポジウムシリーズ第2弾の『「靈獣が運ぶ アジアの山車」この世とあの世を結ぶもの』を刊行しました。 本書は、第2回「送る舟…飾る船・アジア[舟山車]の多様性」と第3回「魂を運ぶ…霊獣の山車」の二度に渡るアジアンデザイ [ ... ]
2016年7月21日発売

アジアンデザイン研究所講演会 韓国「新羅の金冠」…造形の基本とその神話的意味…」

本学アジアンデザイン研究所では、6月20日(月)に韓国「新羅の金冠」…造形の基本とその神話的意味…の講演を開催いたします。 本講演会は 特な形を有する 新羅の金冠を図像学的に分析し、 樹枝形立飾と鹿角形立飾、 硬玉製曲玉の 造形的な源流と 思 [ ... ]
日程:6/20(月)

杉浦康平アジアンデザイン・ポスター展

本学名誉教授 杉浦康平ポスターアーカイブプロジェクト企画Ⅱ 「杉浦康平ポスターアーカイブ・プロジェクト企画」の第2弾として本学ギャラリー・セレンディップにおいて『杉浦康平アジアンデザイン・ポスター展』を開催します。 今回はアジア的デザインをテーマとしたポス [ ... ]
会期:4/20(水)〜27(水)
会場:ギャラリーセレンディップ

バリ島の影絵人形芝居「ムナラ・ギリ(乳海撹拌)」ものがたり 公演開催<アジアンデザイン研究所>

本学アジアンデザイン研究所では、1月30日(土)にバリ島の影絵人形芝居「ムナラ・ギリ(乳海撹拌)」ものがたりの公演を開催いたします。 不死の妙薬、聖水「アムルタ」の生成(乳海撹拌)をめぐる、神々と悪魔の物語をお楽しみください。 日時:2016年 [ ... ]
日程:1/30(土)
時間:15時開演

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所「アジアの冠」研究……[1] 公演+研究会

「宇宙を戴く」。バリ舞踊「ジャウク」の冠…… 吹き寄せる海風、木陰に息づく生きものの気配…。 バリの踊り手たちは大自然の息吹に力づけられ、 眼にみえぬ神靈との交感を願う。 踊り手の頭上に輝く金色の冠。 その霊妙なデザインは、冠を戴く者の心身に [ ... ]
日時:11/7(土)
16時開演

「魂をはこぶ」聖獣の山車 アジアの山車シンポジウム 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所

◉さまざまな動物が生息する南アジアでは、 動物たちが内に秘めるただならぬ力が畏怖され、神と人、天上世界と地上世界を結びつける 異能の存在とも考えられた。 ◉霊獣たちの際立つ力を結合させた、多様な姿の複合獣が創案されている。 ◉今回は、この世 [ ... ]
9/26(土)13:00

「ジャワ島の舞踊とバリ島の影絵芝居公演」神戸芸術工科大学 アジアンデザイン研究所主催 先着70名様に一般無料公開

神戸芸術工科大学 アジアンデザイン研究所では、2015年1月31日(土)15時より同キャンパス クリエイティブセンターにおいて、「ジャワ島の舞踊とバリ島の影絵芝居公演」を行います。先着70名様に一般無料公開いたしますので、メール又はFAXにてお申込みく [ ... ]

アートミーツケア学会大会 本学教員が参加します

アートミーツケア学会大会 2014年度総会・大会〈11月15日(土)、16日(日)〉に本学教員が参加します。 11月15日(土)13:50~14:50に杉浦康平先生(本学名誉教授、本学アジアンデザイン研究所所長、グラフィックデザイナー)が【花咲く樹を身に [ ... ]

特別講義
「神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所・レクチャーシリーズ〈日本編〉」

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所・レクチャーシリーズ〈日本編〉 御柱祭、御木曳き、木遣り歌、帆柱と船霊、山鉾と船、つく舞… 柱をめぐる民俗学…… 講師:神野善治(武蔵野美術大学教授) 日時:2014年6月3日(火)16:00~ 場所 [ ... ]

バリ島の影絵人形芝居上演 2014年2月1日(土)15:30~17:30 アジアンデザイン研究所主催

『スタソーマ物語[前編]-不殺生の教え』ワヤン・クリッ/バリ島の影絵人形芝居 神戸芸術工科大学(神戸市西区、学長:齊木崇人)アジアンデザイン研究所では、『スタソーマ物語[前編]-不殺生の教え』と題したワヤン・クリッ/バリ島の影絵人形芝居を開催いた [ ... ]

アジアンデザイン研究所 レクチャーシリーズ〈中国編〉

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所では、「アジアンデザイン研究所 レクチャーシリーズ〈中国編〉」と題した公開講座を開講いたします。 講演者の黄永松氏は台北市で精力的に出版活動を続けているグラフィックデザイナーであり、台湾の『漢聲雑誌』発行人。アートデ [ ... ]

アジアンデザイン研究所 所長 杉浦康平『第4回国際伝統儀礼・芸能セミナー』Jalal Sattari賞を受賞

本学アジアンデザイン研究所 杉浦康平 所長が、イランの『第4回国際伝統儀礼・芸能セミナー』で Jalal Sattari 賞を受賞し、表彰されました。 本賞は Jalal Sattari 氏という民俗学・神話学・宗教学など幅広い分野で研究・翻訳・ [ ... ]

神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所 第2回国際シンポジウム

送る舟・飾る船……鳥と龍が支えるアジアの舟山車…… 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所[アジアのかたちとデザイン]第2回 国際シンポジウムは、 龍や霊鳥の姿を飾りつけ、仏像を戴き、 魂を運ぶ「舟形の山車」の意表をつくデザインに注目する。ミャンマー [ ... ]

ギャラリートーク@神戸ファッション美術館

現在、神戸ファッション美術館にて開催中の 「生命(いのち)の樹 Sarv(サルブ) ─Archi-dress ペルシャのデザイン─」展において 下記の日程にてギャラリートークを行います。 日時: 2013年3月30日 [ ... ]

「生命の樹・サルブ」展の開催について

Archi-dress ペルシャのデザイン アジアンデザイン研究所客員研究員のモジュガン・ジャハンアラさんによる展覧会 「生命の樹・サルブ」展が神戸ファッション美術館で開催されます。 イランの伝統的な模様「サルブ(糸杉)」を生かした現代の衣 [ ... ]
12