NEWS

ギャラリー・セレンディップ

OJ&メイドイン神戸展

2018年07月20日 ギャラリー・セレンディップ

2016〜17年、「LA-KOBE交流展」という/ロサンゼルスと神戸の作家 総勢100名が交流する展覧会を開催しました。参加作家の一人、アメリカLAアーティスト Olivia Jones さんが来日。展覧会をきっかけに神戸への興味を抱き、7月9日-8月5日の約一ヶ月間 神戸での滞在制作に挑みます。伴って、授業・有志学生と共に新たな試みの作品制作「コラボレーション・共通テーマ・リレー制作・zine 」などの活動をすることになりました。相互に刺激・連鎖・新展開を想い、滞在交流を総合的にまとめ、客観視…

ビジュアルデザイン基礎 授業成果展

2018年07月12日 ギャラリー・セレンディップ

ビジュアルデザイン学科1年生の必修科目である「ビジュアルデザイン基礎」の授業内成果物を展示します。具体的には授業内で取組んだ富岡鉄斉「蝋燭岩図」模写作品と、須磨散策を経て取組んだ自由制作課題を展示します。
●会期:2018年7月12日〜7月17日(火)9:00〜18:00※7/14(土)は9:00〜17:00 7/15(日)休館
●会場:ギャラリーセレンディップ

ヒロナカゼミ「KIRA GIRA JAPAN」

2018年06月29日 ギャラリー・セレンディップ

ビジュアルデザイン学科 ヒロナカゼミの自由作品展です。全作品、何か新しいことに挑戦します。空間へ作品を設置することで、空間が変容することを学びながら全作品が空間表現を試みます。
●会期:2018年6月30日(土)〜7月6日(金)9:00〜18:00 ※6/30(土)は9:00〜17:00  ※最終日は15:00まで
●:場所ギャラリーセレンディップ

+α Stool Exhibition(プロダクト・インテリアデザイン学科3回生展)

2018年05月25日 ギャラリー・セレンディップ

プロダクト・インテリアデザイン学科 家具・インテリアデザインコース3回生が2回生後期時に取組んだ実習作品展。指定された材料を使って、座る以外の機能を持たせたスツールと、伝統様式をベースにデザインするスツール。二つの課題で制作した作品を展示。
◆会期:2018年5月28日(月)〜6月4日(月) 10:00〜18:00(6/4は16:00まで) 日曜休館
◆場所:ギャラリーセレンディップ

2018年度ギャラリーセレンディップ利用者再募集!

2018年05月15日 ギャラリー・セレンディップ

大学のギャラリー・セレンディップを利用して、 日頃の成果を発信する独自の展示会を行いませんか? 利用を希望される方は、利用期間の3週間前までに問合せ・相談、仮申込が必要ですので、まずは本館2階広報入試課カウンターまでお越 […]

2018年度ギャラリーセレンディップ利用者大募集!

2018年03月27日 ニュース ギャラリー・セレンディップ

大学のギャラリー・セレンディップを利用して、 日頃の成果を発信する独自の展示会を行いませんか? 利用を希望される方は、4/13(金)までに使用申込書・企画書の提出が必要ですので、まずは本館2階広報入試課カウンターまでお越 […]

優秀作品展2018

2018年03月12日 ギャラリー・セレンディップ

本展では、全学科、大学院の優秀な作品を選抜・展示いたします。 未来のクリエイター・アーティスト・デザイナーである神戸芸術工科大学の学生たち。 彼らの作品を是非ご覧ください。
会期:2018年3月10日(土)〜4月4日(水) 平日9:00〜18:00 土曜9:00〜17:00 日曜・祝日休館
会場:ギャラリーセレンディップ

アート・クラフト学科 1,2年生学年末作品展

2018年02月01日 ギャラリー・セレンディップ

アート・クラフト学科1,2年生の課題作品の展示・講評を行う。
学科として開催する催しものであり、特待生などを決定する場となっている。
 

●会期:2018年2月2日(金)〜5日(月)10:00〜18:00※最終日は15:00 日曜日休館
◆場所:ギャラリーセレンディップ

アート・クラフト学科 1,2年生学年末作品展

2018年02月01日 ギャラリー・セレンディップ

アート・クラフト学科1,2年生の課題作品の展示・講評を行う。
学科として開催する催しものであり、特待生などを決定する場となっている。
 

●会期:2018年2月2日(金)〜5日(月)10:00〜18:00※最終日は15:00 日曜日休館
◆場所:ギャラリーセレンディップ

大学院修士論文(作品)発表及び展示

2018年01月19日 ギャラリー・セレンディップ

大学院修士課程2年間で行われてきた「特別研究Ⅰ〜Ⅳ」の最終成果物として修士論文(作品)の提出及び発表を行う。
◆会期:2018年1月24日(火)〜30日(火)9:00〜18:00
◆会場:ギャラリーセレンディップ

大学院修士論文(作品)発表及び展示

2018年01月19日 ギャラリー・セレンディップ

大学院修士課程2年間で行われてきた「特別研究Ⅰ〜Ⅳ」の最終成果物として修士論文(作品)の提出及び発表を行う。
◆会期:2018年1月24日(火)〜30日(火)9:00〜18:00 ※1/27、28は休館
◆会場:ギャラリーセレンディップ

アート・クラフト学科卒業研究審査会

2018年01月19日 ギャラリー・セレンディップ

アート・クラフト学科卒業研究審査会です。
2018年1月20日(土)9:50〜17:50

アート・クラフト学科卒業研究審査会

2018年01月19日 ギャラリー・セレンディップ

アート・クラフト学科卒業研究審査会です。
2018年1月20日(土)9:50〜17:50〜1月22日(月)9:00〜15:00

ファッションデザイン学科3回生後期展

2018年01月18日 ギャラリー・セレンディップ

ファッションデザイン学科3回生(演習Ⅲ履修者)の作品展示です。
各コース演習授業での成果を展示します。
●会期:2018年1月16日(火)〜1月18日(木)10:00〜18:00(最終日16:00まで)
●会場:ギャラリーセレンディップ

2017年度まんが表現学科3年生コース展示

2017年12月12日 ギャラリー・セレンディップ

本年度のまんが表現学科3年生3コースの合同展示です。ストーリーまんがコース、イラストコース、Webコースの作品を学生が中心となって展示していきます。 ◎会期:2017年12月19日(火)〜22日(金)・25日(月) 2018年1月5日(金)・6日(土)・9(火)〜12日(金) 9:00〜18:00 ※土曜日のみ17:00 ◎会場:ギャラリーセレンディップ  

2017 学科横断型プログラム展「学科横断型プログラム全10ユニットの成果作品展示」

2017年11月16日 環境デザイン学科 プロダクト・インテリアデザイン学科 ファッションデザイン学科 ビジュアルデザイン学科 まんが表現学科 映像表現学科 アート・クラフト学科 芸術工学部 ギャラリー・セレンディップ

学内ギャラリーセレンディップにて、2017 学科横断型プログラム展「学科横断型プログラム全10ユニットの成果作品展示」を開催いたします。 みなさま、是非ご高覧くださいませ。 学科横断型プログラム全10ユニットの成果作品展 […]

2017学科横断型プログラム展

2017年11月14日 ギャラリー・セレンディップ

2017年度学科横断型プログラム全10ユニットの成果作品の展示。(各ユニット代表者:久冨/藤山/曽和/田頭/廣中/金子/山本/吉田/さくま/尹) ◆日時:2017年11月20日(月)〜11月30日(木)9:00〜17:00 ※11/23(木)、26(日)休館 ◆場所:ギャラリーセレンディップ

戸田ツトム教授「TZTOM TODA -Editorial Design-」

2017年10月31日 ギャラリー・セレンディップ

ビジュアルデザイン学科において、現代デザイン界に厳然たる軌跡を刻んでこられたグラフィックデザイナー戸田ツトム教授の展覧会を開催いたします。 ビジュアルデザイン学科は、2006年に視覚情報デザイン学科からの改組により出発しました。以降、12年にわたり数多くの学生達の指導にあたり、学科の姿勢・方向性を牽引されてきました、戸田ツトム教授の初期から直近のデザインワークを、自身のセレクション/アートディレクションにより展覧いたします。故寺山修司氏の率いた演劇実験室 天井桟敷の公演ポスター、数々の書籍のエディトリアルデザインを展示いたします。それぞれの「時」を経て振動を開始したデザインワークが、いまなおその鳴動を発しつづける様を、本学ギャラリーセレンディップの時空間において、直に体験いただくことができます。 是非、ご高覧ください。 ビジュアルデザイン学科2017年度企画展示「TZTOM TODA -Editorial Design-」 日 時:2017年10月31日(火)~11月10日(金)11:00~18:00(最終日16:00 まで) ※休館日11月3日(金)・5日(日)会 場:神戸芸術工科大学 内 ギャラリー・セレンディップ 〒651-2196 神戸市西区学園西町8-1-1 申込不要・入場無料主 催:神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科 Art Director :戸田ツトムProducer   :寺門孝之Director :濱浦恵美子Coordinator :今垣知沙子/坂田玲央 戸田ツトム 略歴 1951年東京都生まれ。グラフィックデザイナー。エディトリアルデザインを中心に活動し、現代思想書をはじめとする造本装幀多数。1989年『森の書物』の刊行によりDTPの可能性をいち早く国内外に示した。そのほか、ハイビジョン映像やデジタルコンテンツの制作、新聞・雑誌のアートディレクションなども多く手掛ける。神戸芸術工科大学教授。著書『断層図鑑』(北宋社)、『庭園都市』(どうぶつ社)、『D-ZONE エディトリアルデザイン1975-1999』(青土社)、『電子思考へ…』(日本経済新聞社)、『陰影論』(青土社)ほか。