ビジュアルデザイン学科

ビジュアルデザイン学科

学科オリジナルサイト

社会とつながりながら磨く、
伝わるデザイン

特長 1 多彩なビジュアル表現を可能にする4つのコース

多彩なビジュアル表現を可能にする4つのコース

古典的な手法と最新のテクノロジーが混ざり合い、日々進化を遂げるビジュアルデザインの世界。本学科では4つのコースを設け、未来の社会に有効なビジュアルデザインを探求していきます。

特長 2 絵・文字・動き/「デジタル」と「手作業」を統合的に扱うカリキュラム

絵・文字・動き/「デジタル」と「手作業」を統合的に扱うカリキュラム

ビジュアルデザインの構成要素である絵・文字・動きを扱う方法として、「デジタル」表現はもちろん、同時に「手作業」も必要です。本学科では、これらの要素を専門的かつ統合的に学びます。

特長 3 学内外での発表を通して、社会へ発信する多様な機会

学内外での発表を通して、社会へ発信する多様な機会

自らの創作が、社会のただ中で行われている自覚は、表現を次のステップへ高めていく上で有効です。本学科では、学内外のギャラリーや美術館での発表や、社会と連携した制作の機会を多く設けています。