NEWS

学長からのお知らせ 神戸芸術工科大学の新型コロナウイルスへの対応と学生への修学支援金について(5月21日)

2020年05月21日 ニュース 在学生向け情報

保護者のみなさまへ
在学生のみなさまへ

2020年5月21日
神戸芸術工科大学
学長 齊木 崇人

神戸芸術工科大学は、みなさんの命が第一であると考え、引き続き5月31日まで大学構内への立ち入りを禁止しています。
さらに、このような時こそアート・デザイン・メディア教育の融合が真価を発揮し、芸術工学が人々の生活を変えるという信念の基、5月11日よりオンライン授業の導入を進め、新しい大学運営手法の開発と教育活動の維持に努めています。

神戸芸術工科大学は、『感染者を出さない。学生・教職員の命を守る。学習の機会を失わせない。退学者を出さない。』これらを基本方針に、このパンデミックの経済的・地域的な影響の緩和を目指して、学生のみなさんへ修学に係る支援金を準備しました。

【修学支援概要】
①全学生に一律30,000円を給付
(オンライン授業に対応する学修環境整備・通信費、及び自宅学修に伴う課題制作のための教具等の購入に充当する費用として。)

②学生情報機器整備に上限100,000円を無利子で貸付運用
(パソコン・タブレットを未所持の学生へ機器購入の特別貸付制度として。)

③教科書等を大学ホームページから購入し、郵送料を大学が負担

④本学情報図書館が所蔵する図書資料の貸出郵送料を大学が負担

⑤「神戸芸術工科大学給付奨学金」制度による授業料年額の1/2[475,000円を上限]を減免
(現行の制度の、学資負担者の死亡又は、病気・事故による長期入院等により家計が急変し、修学が著しく困難な者に授業料の一部を給付に加え、新型コロナウイルス感染の影響による家計急変者を加え、授業料年額の1/2[475,000円を上限]を減免します。)

⑥一人暮らしの学生を対象として、50,000円を給付
(大学独自の奨学費を受けていない、一人暮らしの学生を対象とします。)

詳細な時期や対象者、給付方法につきましては、改めてお知らせします。今しばらくお待ちください。

本学は引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するために、最大限の注意を払いつつ、学生支援を充実させ、教育研究活動並びに大学運営に努めてまいります。今後とも本方針にご理解いただき、ご支援とご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。