NEWS

映像表現学科 金箱准教授の個展が明石市で展示されます

2023年08月07日 メディア芸術学科 在学生向け情報 受験生向け情報 ニュース 教員向け情報 映像表現学科 成果・実績 芸術工学部

2023年9月2日(土)・3日(日)に明石市立文化博物館2Fギャラリーで金箱准教授の研究成果が個展「デジタルアートを学ぶ・触れる・遊ぶ ~共遊楽器の世界展~」として発表されます。
金箱准教授は、視覚や聴覚に障がいのある人もそうでない人も一緒に遊ぶ/感じることができるよう、音を光や振動に変えて伝える「共遊楽器」を提唱し、研究制作を進めています。
本展示は、一般的な美術館のように「視る」だけでなく、作品に触って実際に体験ができる展示会です。
2019年夏には長野県にある佐久市子ども未来館で同様の展示が開催され、40日ほどの会期で2万人が来場しました。
今回の展示会期中には、街中の音を録音して服のように纏うワークショップ「楽器を纏(まと)うワークショップ inあかし」も開催されます。
どなたもご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

出展作品
・ratatap
・Mountain Guitar
・Vibracion Cajon
・Touch the sound picnic
各作品の詳細は、金箱准教授のHPでご確認ください
http://kanejun.com/

イベント概要
■日時:
2023年9月2日(土)10:00~17:00、9月3日(日)10:00~15:00

■会場:
明石市立文化博物館2Fギャラリー
(〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号)

■入場料:
無料

■公式サイト(ワークショップ申し込みもこちらから)
https://www.accf.or.jp/news/digital_art/