NEWS

神戸市中央区役所「おやこふらっとひろば中央」木工家具デザイン・製作を行いました(プロダクト・インテリアデザイン学科)

2022年11月14日 在学生向け情報 産官学連携 ニュース プロダクト・インテリアデザイン学科 受験生向け情報 企業向けのお知らせ 学生活動 成果・実績 芸術工学部 社会連携

2022年7月19日に神戸市・中央区役所新庁舎内の3階に開設された「おやこふらっとひろば中央」に設置する木工家具のデザインと製作を本学プロダクト・インテリアデザイン学科の教員と学生が担当しました。「おやこふらっとひろば中央」には0~2歳児が絵本を読むためのスペースがあり、そこに設置する椅子4脚を学生がそれぞれ異なるデザインで製作をしています。
プロジェクトを通して学生が行った、ディレクターや受託先との打合せ、実用家具の製作、ひとつの空間を作る際の他の作家との連携、利用者へのプレゼンと意見の聴取など、学内では得られない体験ができた事は学生にとっては大きな成果につながりました。

担当教員:プロダクト・インテリアデザイン学科 安森弘昌准教授、井上小矢香実習助手
デザイン・製作者:プロダクト・インテリアデザイン学科3回生4名


依頼者・ディレクターとの打合せ
5月6日に椅子を設置する神戸市中央区役所新庁舎に集合し、ディレクター、大慈厚生事業会、工事に携わる作家や業者と最初の打ち合わせを行い、神戸の海をテーマにした椅子を製作することが決定。以後、保育園の視察や打合せ等を繰り返し、椅子の寸法の確認や模型によるデザイン案のチェックを受けました。8月に入り、原寸の試作をし、チェックを受けたのち、木材を購入、最終成果物の製作に入りました。

お披露目会(9月2日)
9月2日には完成した椅子4脚の納品及びお披露目会を行い、施設利用者の方々に製作意図を説明しました。

利用状況
10月12日にはディレクターから依頼された追加の椅子1脚を届けました。結果として、「おやこふらっとひろば中央」に椅子5脚とそれぞれの1/2模型を納品しています。

おやこふらっとひろばとは?

「五感で神戸を体感できる場所」をテーマにアート・文化に触れ、子どもの感性・創造力を促す場所であり保護者にとっては、子育て相談もできる憩いの場です。

おやこふらっとひろば中央
https://daiji-family-oyako.com/