NEWS

新作能 [或能川] 、チケット予約を開始します!

2022年11月11日 在学生向け情報 間(あわい)のデザイン研究所 ニュース 受験生向け情報 ビジュアルデザイン学科 教員向け情報

神戸芸術工科大学 間(あわい)のデザイン研究所が、能楽師上野雄三氏(シテ方観世流)とともに創作を進めてきた新作能「或能川(アルノがわ)ー受胎告知をめぐる夢想の間(あわい)」が、人間国宝の大槻文藏氏(シテ方観世流)の監修を得て、いよいよ、2023年3月25日、神戸・湊川神社・神能殿にて上演決定。
チケット予約は、以下よりお申し込みいただけます。

++++

神戸AWAI能+
新作能
「或能川(アルノがわ)
―受胎告知をめぐる夢想の間(あわい)」

作  寺門孝之
監修 大槻文藏
節付 上野雄三

日時:令和5年 3月25日(土)12:15開場 13:00開演

場所:神戸 湊川神社 神能殿
神戸市中央区多聞通3-1-1
http://www.minatogawajinja.or.jp

S席 12,000円
A席 10,000円
学生席 5,000円

座席表はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

主催 神戸芸術工科大学、間(あわい)のデザイン研究所
後援 イタリア文化会館 大阪
企画 寺門孝之+上野雄三
総合プロデュース 和田結花

出演 上野雄三・上野雄介(シテ方観世流)・福王知登(ワキ方福王流)・善竹隆司(狂言方大蔵流 )他関西有数の能楽師の皆様

++++

プレパフォーマンス 「まえぶれ」
稀代の音楽家 三宅純の楽曲を、幻想の歌姫 青葉市子が歌い、ダンサー 高瀬瑶子のマリヤが舞う。
受胎告知に先立つ、天使とマリアの邂逅を描く・・・

++++

衣装デザイン 金沢香恵
構造物 畑友洋
記録映像撮影 曽和具之
写真 松岡篤史
グラフィックデザイン 坂田玲央

++++

新作能 [或能川] 、7年の準備を経て、いよいよ上演へ!

神戸芸術工科大学では、2019年より「間(あわい)のデザイン研究所」を設け、この世と
あの世の間(あわい)をつなぐ「天使」と「能」に注目し、新約聖書「受胎告知」を主題とした天使の登場する新作能の創作を進めて参りました。このたび遂に、研究の集大成として新作能「或能川ー受胎告知をめぐる夢想の間(あわい)」を、旧約聖書「楽園追放」の物語の新作狂言、天使とマリアの邂逅シーンのダンスパフォーマンスを含めて、お披露目申し上げます。
場所は、神戸・湊川神社の神能殿。観世流の聖地ともいえる能楽堂での新作能の誕生にどうぞお立ち会いください。

イタリアはフィレンツェを流れるアルノ川の岸辺で、受胎告知画のイメージを得んと苦悩する画僧グイド。
いつの間にか眠ってしまったグイドの前に、古典能「賀茂」に登場する神の子を宿した女と、聖書に登場する奇跡の子を宿した老女エリサベツが出現し、受胎告知の現場へと導く。
ルネッサンス期の受胎告知画からインスパイアされた画家寺門孝之が書きあげた渾身の新作夢幻能。
過去と未来、洋の東西の間(あわい)が、伝統美の中で渾然一体となる。

☆2023年3月25日(土)の午後は、神戸湊川神社でお会いしましょう。