NEWS

石見銀山文化賞の表彰式に西村幸夫教授が出席し、本賞を受賞しました

2019年08月03日 環境デザイン学科 メディア掲載 企業向けのお知らせ 成果・実績 大学院 芸術工学研究機構

2019年7月26日、島根県大田市の世界遺産 石見銀山遺跡に関する研究や文化活動を顕彰する石見銀山文化賞(株式会社中村ブレイス)の表彰式が同市大森町のオペラハウス大森座で開催されました。

第12回石見銀山文化賞受賞者本賞の受賞者に選ばれた西村幸夫教授が表彰式に出席し、株式会社中村ブレイスの中村俊郎会長から記念の盾を授与されました。

これまでに西村幸夫教授は、平成16年1月~平成18年1月まで推薦書作成専門委員会委員として石見銀山の世界遺産登録に向けて取り組まれてきました。
世界遺産登録後の平成19年12月~平成26年3月まで石見銀山遺跡調査活用委員会委員として「世界遺産・石見銀山遺跡とその文化的景観」の調査研究、整備事業及び活用事業について、専門分野の視点から助言を行われてきました。

詳細は、中村ブレイス株式会社様公式サイトにて掲載されています。

中村ブレイス株式会社
http://www.nakamura-brace.co.jp/