ビジュアルデザイン学科 進路・卒業生

ビジュアルデザイン学科

学科オリジナルサイト

目指す職業

  • アートディレクター
  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • ブックデザイナー
  • Webデザイナー
  • パッケージデザイナー
  • キャラクターデザイナー
  • 絵本作家
  • 映像作家
卒業生の声
  • デザイナー
  • 株式会社ケイテック

前山 智央
(2019年 グラフィックデザインコース 卒業)

Q.なぜ現在の就職先に?

大学ではグラフィックを学んでいたこともあり、広告業界を目指してインターンシップにも参加していましたが、もっと自分に合った仕事をはないかと探すうち、学生時代からずっと好きだったモーターサイクルに関わる職業へシフト。今は川崎重工(株)製品のカラーリングやグラフィックを担当しています。職場にはプロダクトの他、グラフィックや美術など、多様な分野出身の方が集まり、いろんな視点から仕事に取り組んでいます。

Q.仕事をする中で、自身の変化はありましたか?

学生の頃は自分の作りたいデザインをストイックに追及していましたが、仕事では自分の思い通りにならないこともあり、コスト面での制約もあります。周りの意見を聞き、仕事に活かす柔軟性が身につきました。自分の価値観を押し付けるのではなく、いろんな意見を取り入れながら、一人でも多くの人に「世界一かっこいい!」と思ってもらえるデザインを世の中へ送り出したいです。

Q.印象に残っている在学中の出来事は?

バスケットチームのポスターやグッズ制作をさせていただき、自分のデザインが試合などで多くの人の目に触れたことは、大きな喜びに。また学生時代にバイクを通じて知り合った仲間や人とのつながり、ツーリングに行って得られたインスピレーションや知識も、今の仕事に活かされています。

前山 智央(2019年 グラフィックデザインコース)
  • アートディレクター
  • 株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ クリエイティブプロデュース本部

米澤 潤
(2008年 視覚情報デザイン学科※卒業)
※ 現:ビジュアルデザイン学科

好きなことで誰かの役に立つ。
あの感動は今でも覚えています。

専門学校生だった私は、就職活動中に「このまま社会に出ても中途半端になる」と思い、KOBE DUへの編入を決意し受験。当初は3年次編入を希望していましたが、面接試験の際に「しっかりと学びたいなら2年次に編入した方がいい」とアドバイスいただいたことで、信頼できる先生の下で勉強したい、自分が育った神戸にある芸術・美術系大学で頑張りたいという「地元愛」のようなものが芽生えたと思います。大学の学びはすべてが新鮮でした。とくに神戸市のバス停看板に私のデザインが採用されたのは、自分の好きなことで誰かの役に立った初めての経験。あの感動は鮮明に覚えています。夢が叶った今、この環境に導いてくれた人々に仕事を通してお礼がしたい。それが私のモチベーションになっています。

米澤 潤 (2008年 視覚情報デザイン学科※卒業)