教員紹介

小玉祐一郎
KODAMAYuichiro
名誉教授

KODAMA_Yuichiro

生年

1946年

出身

秋田県

学歴

東京工業大学建築学科卒業,
東京工業大学大学院博士課程修了

学位

工学博士

専門分野

建築環境計画,
建築設計計画

受賞履歴

日本建築学会選奨 2005年,
グッドデザイン賞 2005年,
日本建築家協会 環境建築優秀賞 2005年

研究実績

[著書]
「エコハウジングの勧め」(丸善) 1996年,
「ECOURBANISM」(共・GG) 1998年,
「パッシブ建築設計手法事典」(共・彰国社)2000年,
「地球環境建築のすすめ」(共・日本建築学会)2002年,
「都市建築のビジョン」(共・日本建築学会)2005年,
「ソーラーアーキテクチュアデザインブック」(共・日本建築学会)2007年,
「住まいの中の自然-パッシブデザインのすすめ」(丸善)2008年

[論文]
Bioclimatic Designs of Glover Residence in Nagasaki, Japan Proceedings of PLEA2008, Oct 2008, Dublin,
「環境デザインは進化しているか」10+1 No.49 inax出版 2007年12月,
「小玉祐一郎のパッシブデザイン」住宅建築 2007年5月

[作品]
「つくばの家シリーズ」(新建築住宅特集)1984・1996・2000年,
「高知・本山町の家」(新建築住宅特集ほか) 2003年

主な職歴

建設省建築研究所研究員・室長・部長

所属学会

日本建築学会,
国際太陽エネルギー学会ほか

社会活動

PLEA国際会議,
国際エネルギー機関,
日本建築家協会

研究業績
●1:形態・関係/●2:単/共(業績を単独で行なったのか、共同で行なったのか)/●3:掲載書名、掲載雑誌名(号、巻)、発表展覧会名、発表シンポジウム名等/●4:出版社名、会場名等/●5:発行年月、開催期間等/●6:備考(受賞名、解説、掲載HPアドレス等の補足情報等)
パッシブデザインとバイオクライマティックデザイン
  1. 論文
  2. 日本建築学会第41回熱シンポジウム
  3. 日本建築学会
  4. 40817
設計のための建築環境学
  1. 著書
  2. 彰国社
  3. 40817
住まい論
  1. 著書
  2. 放送大学教育振興会
  3. 40269
建築の今 17人の実践と展望
  1. 著書
  2. 建築資料研究社
  3. 40238
レスポンシブな住宅
  1. 雑誌等への寄稿
  2. 建築技術, 2010年01月号, pp.182-183
  3. 建築技術
  4. 40179
Integration of Design and Technologies
  1. 基調講演
  2. iNTA-SEGA 2009:Bridging Innovation, Technology and Tradition
  3. Grand Mercure Fortune Bangkok, Thailand.
  4. 40148
戸建住宅用採光断熱壁の暖冷房・照明エネルギー削減のための要求性能に関する数値解析
  1. 論文
  2. 日本建築学会環境系論文集, 第74巻, 第637号, pp.283-289
  3. 日本建築学会
  4. 39873
Bioclimatic Designs of Glover Residence in Nagasaki, Japan
  1. 論文
  2. PLEA2008 The 25th Conference on Passive and Low Energy Architecture, pp.866-870
  3. Universtiy College Dublin,Ireland
  4. 2008.1
エネルギー源の変遷とロバスト(robust)な住宅(特集 21世紀えねるぎ事情)
  1. 雑誌等への寄稿
  2. 季刊すまいろん, 2008年夏号(No.87), pp.40-43
  3. 財団法人 住宅総合研究財団
  4. 39661
住まいの中の自然 パッシブデザインのすすめ
  1. 著書
  2. 丸善(株)出版事業部
  3. 39539
環境デザインは進化しているか(特集 現代建築・都市問答集32)
  1. 著書
  2. 10+1, No.49, pp.180-205
  3. INAX出版
  4. 39417
Application of Thermal Performance of Rammed Earth Wall on Passive Design: A Case Study in Temperate Climate of Japan
  1. 論文
  2. PLEA2007 The 24th Conference on Passive and Low Energy Architecture, pp.193-200
  3. National University Of Singapore, Singapore
  4. 39387
外気導入モードの違いがパッシブクーリング効果に及ぼす影響
  1. 論文
  2. 日本建築学会環境系論文報告集, 第72巻, 第618号, pp.37-43
  3. 日本建築学会
  4. 39295
特集 小玉祐一郎のパッシブデザイン 五感で感ずる建築」のほうへ
  1. 雑誌等への寄稿
  2. 住宅建築, 2007年5月号, pp.98-107
  3. 建築資料研究社
  4. 39203
ソーラーアーキテクチュア・デザインブック
  1. 著書
  2. 彰国社
  3. 39114
都市建築のビジョン 日本建築学会叢書 1 都市建築の発展と制御シリーズ I
  1. 著書
  2. 日本建築学会
  3. 39052
  4. http://kiyou.kobe-du.ac.jp/05/report/12-01.html
エコロジカル・ネットワークの構想と提案 -「ガーデンシティ舞多聞みついけプロジェクト」における試み-
  1. 報告
  2. 芸術工学2005神戸芸術工科大学紀要
  3. 神戸芸術工科大学
  4. 38777
  5. http://kiyou.kobe-du.ac.jp/05/report/12-01.html
温暖地におけるパッシブデザイン
  1. 論文
  2. 芸術工学2004神戸芸術工科大学紀要, pp.9-23
  3. 神戸芸術工科大学
  4. 38412
高知・本山町の家(特集 住むための技術 室内環境編)
  1. 雑誌等への寄稿
  2. 新建築 住宅特集, 2003年11月号, pp.104-111
  3. 新建築社
  4. 37926
自然エネルギー利用のためのパッシブ建築設計手法事典 新訂版
  1. 著書
  2. 彰国社
  3. 36708