プロダクト・インテリアデザイン学科 コース

プロダクト・インテリアデザイン学科

学科オリジナルサイト

コース

ユニバーサルデザインコース

ユニバーサルデザインコース

デザイン視点で、「人」「モノ」「仕組み」を考える

ユーザーの多様性を理解したうえで、デザインによって複雑な社会問題に取り組みます。社会の中で製品やサービスに対して問題を抱えている障がいのある人や高齢者とともに、課題の発見や解決に取り組み、使う人の立場に立ったユニバーサルデザインの成果を確認します。そのためにスタイリングはもちろん、電子回路やメカニズムなど、モノの仕組みについても学習します。これらにより、コミュニケーション力や課題解決能力の修得をめざします。

インテリア・家具・木工コース

インテリア・家具・木工コース

使い手の立場になって考える、想像する力を身につける

インテリア・家具・木工の領域には、調査、発想、計画、造形、制作、表現、コミュケーションなどさまざまな能力が必要とされます。本コースでは、これらのことを実践を通して総合的に学びます。とくにデザインした空間や家具、木工雑貨、玩具などが使いやすいか、機能するかということをしっかり検討することに重きを置き、使いながら考えることを大切にしています。

プロダクト・カーデザインコース

プロダクト・カーデザインコース

デザイン手法を幅広く学びアイデアをカタチにする

デザインの対象になるのは、文具や食器、玩具、スポーツ用品、自動車など身近なものから各種工業製品など多種多様。考えたデザインを視覚化するために手描きのアイディアスケッチからPC を用いたスケッチ、3 D ソフトを用いたCG 表現など、表現方法を幅広く学びます。実際の商品開発の流れに沿った演習を行うので、商品開発のヒントになる情報についても学びます。また、学外とのコラボによる実践的な授業を行い、提案力も養成します。