映像表現学科 コース

映像表現学科

学科オリジナルサイト

コース

デジタルクリエーションコース

デジタルクリエーションコース

プロ仕様の環境で、空想をカタチにする

メディアテクノロジーが急速に進展する現代において、芸術的な感性の醸成だけでなく、先端技術を理解し、論理的思考能力を併せ持つ力は不可欠です。本コースではCGやゲーム、映像の分野にとどまらず、先端的な制作環境の中で、社会的な共創のためにデジタルイメージを思考し、未来に向けて実践・研究していく高次のクリエーターの育成をめざします。

映画コース

映画コース

さまざまな役割を経験し、映像業界へ

現役で活躍するプロの指導のもとで、映画制作・映像表現の基礎と応用を学び、映画・映像業界での活躍をめざします。1年次から短編作品の制作に取り組み、個々の創作力を磨くとともに映画制作の基本を習得。監督、脚本、音響、編集などさまざまな役割を担当し、映像分野全般で役立つ実践的技術を育みます。

アニメーションコース

アニメーションコース

アニメーション表現に欠かせないスキルを習得

アニメーション制作の基本である「描く」「物語る」「魅力的に動かす」という3つの技術を習得。その上で、ストーリテリングや演出法、構成力などを総合的に学びます。上位年次からは個人作品の制作を通じて全般的なスキルを強化。日本のアニメ業界を代表するクリエイターが教壇に立ち、スタジオにはプロが使用する設備を用意しています。