宣言・ガイドライン

公的研究費に係る責任と権限について

公的研究費を社会にとって有益なものとするために。

公的研究費に係る責任と権限について、神戸芸術工科大学(KDU)では、学長を最高管理責任者とする運営・管理体制を整えています。これは公的研究費の管理と運営にかかわる責任および権限を明確に規定し、お預かりした公金を社会にとって最大限有益なものとする大学の責務を明らかにするための体制です。

最高管理責任者:学長
機関全体を統括し、公的研究費の運営及び管理について最終責任を負う。
統括管理責任者:事務局長
最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営及び管理について、機関全体を統括する実質的な責任及び権限を有す。
部局責任者:事業推進課長
統括管理責任者を補佐し、公的研究費の運営及び管理について実質的な責任及び権限を有す。

上に戻る

セクシュアル・ハラスメント防止宣言

神戸芸術工科大学は、すべての学生が、個人として尊重され、たがいの信頼のもとに勉学・研究・課外活動にいそしむことのできる環境をつくり維持してゆくことを大切に考えています。
セクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)をはじめとする、相互信頼を損ない、学問と言論の自由をおびやかし、教育・研究の場としての大学の存立をあやうくするような行為は厳に慎まなければなりません。
本学では、このような問題を未然に防止するため真摯かつ積極的にとりくむことをここに宣言します。

神戸芸術工科大学は、すべての学生が、個人として尊重され、性差別のない環境において就学する権利を保障するために《ガイドライン》をもうけています。もし、不快な思いを感じたり、目撃したら、相談窓口に遠慮なく申し出てください。窓口では、相談者のプライバシーを保護して、相談者の意向をできる限り尊重し、迅速に対処して、事態の解決に努力します。

セクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)とは…

セクシュアル・ハラスメントには、何らかの上下関係などを利用してなされる《対価型》と、日常的に相手に苦痛や不快感を与える《環境型》があります。たとえば・・・

  • よい成績をつけるとかいった利益をちらつかせて、さまざまな要求をおこなうこと。
  • 地位や立場を利用して、しつこく誘うこと。
  • 教室・研究室に不快感を催させる絵や写真を貼ること。
  • 性別によって差別的なとりあつかいをすること。
  • 悪質な中傷をくりかえすこと。
  • 性的含みのある手紙を送ったり、電話・会話・メールなどをすること。
  • 相手に不快な視線を送ること。
  • 「男だから」「女だから」などと決めつける。
  • 返事に困るような性的冗談をいう。
  • 個人的な性的体験談を話したり聞いたりする。
  • 肩・髪・手などに不必要に触る。

…などなど
個人の人格や能力とは無関係な社会的・文化的に作り上げられた男女のあり方に関する固定観念をもとに、その人格や能力を断定的に評価するような言動も、いっさい慎むべきです。

セクシュアル・ハラスメントを受けたと感じたら…

相談窓口にすぐ連絡しましょう。
問題の芽は小さいうちなら解決も容易です。一人で悩まず、話を聞かせてください。自分が悪いと思う必要はありません。望まないことをされて怒るのはあたりまえです。我慢することはありません。

上に戻る

セクシュアル・ハラスメント防止ガイドライン

1:目的
このガイドラインは、神戸芸術工科大学(以下「本学」という。)のすべての学生及び教職員が個人として尊重され、快適な教育研究環境及び労働環境のもと就学または就労することができるよう必要な配慮と措置をとるため、本学は、その障害となるセクシュアル・ハラスメントを未然に防止することをめざすとともに、セクシュアル・ハラスメントに起因する問題が生じた場合には、迅速かつ適正に対応することを目的とします。
2:基本方針
セクシュアル・ハラスメントは不当な性差別であり、個人の尊厳を損なう行為です。また、セクシュアル・ハラスメントは研究・教育の場である大学における個人の十分な自己発現の機会を阻害するものでもあります。したがって本学は、憲法・教育基本法・男女雇用機会均等法の精神にのっとり、学生及び教職員が個人として尊重され、セクシュアル・ハラスメントのない快適な教育研究環境及び労働環境のもとで就学または就労することができるよう、諸施策を講じる責務を負うものです。
3:セクシュアル・ハラスメントの定義
ここでいう「セクシュアル・ハラスメント」とは、就学の場及び職場において、優越的な地位や継続的な関係を利用し、相手の意に反する性的な言葉や行為によって、相手に精神的苦痛や不快感を感じさせることにより、就学、教育・研究環境及び就業環境を悪化させることをいいます。
4:対策
セクシュアル・ハラスメントの発生を予防するために啓発指導を行います。また、セクシュアル・ハラスメントにより精神的・肉体的に被害を受けたとの苦情・申し立て等に対応するため、窓口を設置し、また苦情・申し立て等があった場合には、必要に応じて調査委員会を設けて事実の究明にあたり、速やかに被害者の救済等に当たります。
5:苦情相談窓
セクシュアル・ハラスメントにより精神的・肉体的に被害を受けたとの苦情・申し立て等がなされた場合に対応するため、苦情相談等を受ける教職員(以下「相談員」といいます。)を置きます。相談員は、相談等の内容について秘密保持に留意しなければなりません。相談等を申し出た者は、そのことによっていかなる不利益もうけないものとします。
6:相談員
相談員は、教員、職員があたります。氏名・連絡先(電話番号)は別途お知らせします。
7:調査委員会
セクシュアル・ハラスメントにより精神的・肉体的に被害を受けたとの苦情・申し立て等があった場合には、必要に応じて調査委員会を設置し、事実調査するとともに、適切な措置を講じて被害者の救済にあたります。
8:苦情
調査委員会の報告等によりセクシュアル・ハラスメントの事実が認められた場合、当事者への指導及び処分を行うとともに、就学上または就労上の環境改善等に必要な措置を講ずるものとします。
9:所管
このガイドラインにかかる業務の所管は、学生生活・国際交流課とします。
10:その他
このガイドラインに定めるもののほか、セクシュアル・ハラスメントの防止に関し必要な事項は別途定めます。

上に戻る