まんが表現学科

日本一の厳しさ。それは、プロになるための必要な試練

日本のまんが表現の本質は「ストーリーまんが」です。それは映画やアニメーションの演出を取り入れた「映像的な手法」と、文学に匹敵する「ストーリー」の2つに支えられている総合表現です。まんが表現学科では独自の理論と実践に基づき「日本のまんが」の本質を学習します。前半の2年間で「投稿」の水準に達し、残り2年で受賞やデビューを目標に作品制作をするカリキュラムとなります。基礎からスタートして、小手先のテクニックではない「描く力」を修得します。



新着情報

コース紹介

ストーリーまんがコース
日本のまんが表現独自の「ストーリーまんが」を究めます。賞の受賞や出版社への持ち込みを経て、プロのまんが家を目指します。
≫詳しく見る

mm_img_01


Web アニメ・コミックコース
映像的手法やデジタル技術の知識・技術を活かし、今後いっそう成長するWebにおけるまんが表現の可能性を模索します。
≫詳しく見る

mm_img_02



コミックイラストレーションコース
ストーリーと演出という、まんが的な技術と知見をベースに、一枚のイラストレーションが持つ表現の可能性に迫ります。
≫詳しく見る

mm_img_03