映像表現学科

映像表現学科の特徴

1年次からの少人数教育で専門性を高める

1年次から映画・アニメ・CGの3コースに分かれ、徹底した少人数教育を実施。さまざまな映像作品に触れ、つくり手の立場から自分がどのような世界観を創造するかを考えていきます。

基本となる知識・技術の体得をめざす

PCを用いた撮影・編集やVFX・サウンドデザインが、映像創作の可能性を無限に広げます。映像表現における技術の基礎力を向上させるために、幅のあるカリキュラムを用意しています。

トップクリエイターによる指導で実践力を身につける

映像業界の最前線で活躍するクリエイターが、教員として直接指導。自分の表現・目標を見出しながら、社会で求められる実践的な知識と技術を身につけられる環境が整っています。



新着情報

コース紹介

映画コース
現役で活躍するプロに教わる環境で、映画制作全般を学び映画監督、脚本家など、映画業界の多様なフィールドでの活躍をめざします。

≫詳しく見る

映画コース


アニメコース
「描く」「物語る」「アニメーションを動かす」という3つの技術を磨き、ストーリーテリングや演出法、構成力など、アニメーション表現に求められるすべての力を総合的に学びます。
≫詳しく見る

アニメコース



CGコース
モデリングや実写とCGの合成といった専門的スキルを磨き、キャラクターアニメーションからVFXまで、さまざまな表現にチャレンジする中で本物の技術と思考力を身につけます。
≫詳しく見る

CGコース