映像表現学科

映像制作産業の次代を担う、プロフェッショナルの育成をめざして

映像表現学科は、映画・アニメ・CGといった先端的な映像表現を核に構成されています。ますます需要拡大が期待される日本の映像制作産業の今後を担う、専門知識・技術を持つ優秀な人材育成を目標としています。映画・アニメ・CG各分野に特化した専門性と、写真表現を基礎に置く総合力、これらを併せ持つ即戦力を養います。


新着情報

コース紹介

映画コース
現役で活躍するプロに教わる環境で、映画制作全般を学び映画監督、脚本家など、映画業界の多様なフィールドでの活躍をめざします。

≫詳しく見る

映画コース


アニメコース
「描く」「物語る」「アニメーションを動かす」という3つの技術を磨き、ストーリーテリングや演出法、構成力など、アニメーション表現に求められるすべての力を総合的に学びます。
≫詳しく見る

アニメコース



CGコース
モデリングや実写とCGの合成といった専門的スキルを磨き、キャラクターアニメーションからVFXまで、さまざまな表現にチャレンジする中で本物の技術と思考力を身につけます。
≫詳しく見る

CGコース