アート・クラフト学科

アート・クラフト学科の特徴

美術とクラフトの魅力を存分に知る

「好きなことを続けたい」という学生の想いを大切に、楽しみながら、競いながら、助け合いながら美術とクラフトを学べる授業を多数用意しています。その中で、自分の輝く個性を発見できます。

実践的カリキュラムで専門性を高める

領域やコースを選択した後も、他に関心のある技術・表現を追求するために選択できる科目があります。バラエティーに富んだカリキュラムで自分の可能性を探り、広く深く専門領域を学べます。

創造的な学びを通して社会と繋がる

実社会で自分のスキルを生かす方法を学ぶため、展覧会やワークショップなどを学生主体で企画。学外の芸術祭やプロジェクトにも積極的に参加し、人や社会との繋がりを重視しています。


新着情報

コース紹介

絵画コース
色彩や画材などの基礎知識から、模写・自画像・風景などのベーシックな絵画表現を経て、各自のテーマ表現へと展開していきます。また、フロッタージュやコラージュなどの多彩な表現や、ドライポイントなどの版画技法も修得。幅広い実習体験をもとに、自由で個性的な絵画表現を追求します。
≫詳しく見る


フィギュア・彫刻コース
粘土、エポキシ樹脂、シリコン、木、金属などの様々な素材を活かした基礎的実習で、造形表現を体験。植物、人体などをモチーフにした課題を経て、基本的な彫刻表現を学んだうえで各自のテーマ探求へと展開していきます。また、インスタレーションなど新たな表現にも取り組み、幅広い実習をもとに、独自の表現を追求します。
≫詳しく見る



美術教育コース
さまざまな表現技術や素材に触れる経験とアートワークショップなどの実践を通じて地域や人と関わりながら美術と教育と社会をつなぐ創造的な学びを探求し、教育者としての人材を育成します。
≫詳しく見る


ジュエリー・メタルワークコース
ジュエリー制作や金属造形に取り組むためのさまざまな技術を学び、既成概念にとらわれないアプローチで造形表現に取り組みます。金属はもとよりガラス粉を焼き付ける七宝や、様々な素材での複合的な表現も可能です。
≫詳しく見る



ガラス・陶磁器コース
ガラスはホットガラスからコールドガラスまで幅広く、陶磁器は土を捏ねることから「手捻り」や「ろくろ」など、共にイメージをかたちにする技術を修得。各素材の性質や魅力を理解した上で、個性ある作品づくりを追求します。
≫詳しく見る