聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

たびルポ
特派員だより2015

秋の六甲山へ!~風の教会を添えて~

Update: 2015/11/26 @1年生特派員(

すっかり肌寒い季節になってきましたね。

皆さまこんにちは。もっちゃんです。このところ記事が無く、申し訳ありませんでした。

今回はその分長い記事になるのでお許しを...(汗)

さて、今回は秋の六甲山を環境デザイン学科の仲間2人と共に訪れました。

メインの目的は9月12日~11月23日の期間で開催されていた六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015というイベントで限定公開されていた安藤忠雄さん設計の「風の教会」を見学することです。

4.JPG

また、今回のメインは風の教会なのですが、秋の六甲山は他にも多くの魅力があります。そちらも今回はたっぷりと載せていきたいと思います!

DSC_0189.JPG

まず六甲山を登るにあたって、六甲ケーブルカーというものを利用しました。

神戸三ノ宮駅から阪急電鉄に乗り換え、大阪梅田方面へ三駅行けば六甲駅に着きます。そこから出る六甲ケーブル下という乗り場までバスが出ているので、それに乗るだけで六甲山直通のケーブルカー乗り場に辿り着きます。

そしてこちらが六甲ケーブカーです。六甲山の玄関口として、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅までの、約1.7km・高低差493.3mを約10分間で結んでいます。

2.JPG

景色は良いですが、ちょっぴり怖いかも?

DSC_0020[1].JPG

3.JPG

そして、六甲ケーブル山頂駅到着後、バスで風の教会へ向かいました。

ご存じの方もいるかと思いますが、風の教会は六甲オリエンタルホテルという建物の庭園内に造られた建物です。以前は自由に見学できたのですが、六甲オリエンタルホテルが2007年6月15日限りで営業を終了したため、その敷地内にあった風の教会は見学することができなくなっていました。

しかし、今回の六甲ミーツ・アートでしばらくの間見ることができなかった風の教会が限定公開されているという訳です。

そんな風の教会事情に触れてからまずは六甲オリエンタルホテルから。

DSC_0031[1].JPG

写真左下で万歳をしている二人が今回一緒に六甲山を回った仲間です(笑)

また、ホテルの窓には六甲を題材とした絵本が1ページずつデザインされているというお洒落な演出がされています。

DSC_0106.JPG

そして、そこから歩くこと一分、風の教会が見えてきます。

5.JPG

  DSC_0037.JPG

教会までの通路です。両側のすりガラスが良い感じですね。

この通路を抜けると教会入口です。

DSC_0048.JPG

そして教会内部。

 DSC_0050.JPG

DSC_0051.JPG

DSC_0065.JPG

中はシンプルな造りで音がとても反響します。

天井にはデザイン性を損なわないように照明の類はなく、隙間からの日の光が疑似的な照明となっています。

DSC_0062.JPG

一枚ガラスを贅沢に使い、十字架をイメージした大きな窓が綺麗です。

上二枚は建造当時、おいくらぐらいしたのだろうか...
DSC_0096.JPG

部屋の奥から入口側を撮影したものです。

芸術イベントの一環としての展示という事もあり、この空間の音の反響を利用して小気味よいリズムの曲を流すという事も行われていました。

教会が現役だったころ使われていた椅子に座り、降り注ぐ光を眺めながらそのリズムを聴くのは心地良く、満足でした。

 

風の教会見学後、六甲山ガーデンテラスにある展望台、六甲枝垂れのライトアップイベントにも訪れてみました。

DSC_0152[1].JPG

遠目から見ても綺麗ですね~、それでは中から撮影!


DSC_0164.JPG

DSC_0172.JPG

 幾何学チックで不思議な魅力があります。

DSC_0189.JPG

人が影絵のようになってスタイリッシュな感じに(笑)

色が一定の時間で変わるのもポイント高いですね。

 

他にも11月07日~2015年12月25日の期間中、ガーデンテラスがクリスマス風に演出されるイベントも行われており、幻想的な雰囲気を楽しめました。

DSC_0141[1].JPG

写真右上のライトはミラーボールとなっていて、建物などに映り込んでいる光の粒はミラーボールから出ています。

光の粒が雪を感じさせますね!ガーデンテラスの建物はヨーロッパを意識してデザインされているので、クリスマスの演出が似合います。

DSC_0136[1].JPG

 


このように、今回の六甲山巡りは経験になると共に、非常に楽しい思い出となりました。

最後まで記事を見て下さった方、ありがとうございました。


DSC_0026[1].JPG

 

 

特派員だより2015