» たてもの

「ホームレス・ホテル」を見学してきました

2011年2月17日 00:37【くらし, たてもの, まち, アムステルダム

16feb11-001.jpg

このホテルを経営しているのはサンドラ・シャンディさん。アムステルダムの都市プロジェクトマネージャーに紹介していただきました。彼女は2009年の「ブラック・ビジネスウーマンオブザイヤー」(でも彼女は黒人ではなくインド系!?)レストラン・ホテル経営のプロです。初めてお目にかかった時、「ホームレスホテルってホームレスのシェルターの新しいネーミングですか?」と聞いたら、「違う違う、ほんとうにホテルなの。ホームレスの人たちは保護されているのではなくて、私たちのお客さんなのよ。」とサンドラさんはにっこり。うーん、よくわからない。最近日本でもホームレスの人たちを食い物にした悪質のシェルターが話題になったばかり。とても気になったのでさっそく見学してきました。
「ホームレスホテル ロイスダール」はアムステルダムサウス、ベルラーヘの都市デザインで有名なエリア(1)にありました。建物はシンプルですがアムステルダムスクール様式(2)の建物で、レンガの色合いや窓枠がいい感じです。元々は老人ホームとして作られたそうで、近年は正真正銘のホームレスシェルターだったそうで、一年前にホテルに生まれ変わりました。
サンドラさんはHWO-Queridoという1904年から(オランダの住宅法ができたころです。(3))ホームレスシェルターの運営とホームレスになった人たちの社会復帰を行ってきたNPOと協力してホテルを運営しているそうです。サンドラさんの役割はホテルの経営、NPOはゲストの日々のサポートと役割ははっきり分かれているそうです。
ホテルのカフェテリアやラウンジを見せていただきました。若者向けのバジェットホテルみたいな感じといったらよいでしょうか。シンプルだけど天井が高く、明るくて居心地がよさそうです。お話を伺ったレセプション兼事務所にはゲストルームの鍵を掛ける棚があって、ゲストの写真が貼ってありました。16feb-002.jpgスタッフが早くゲストの顔を覚えられるようにという工夫だそうです。総勢50名のゲスト。老若男女、白人も移民もいて、外見や年齢では傾向はつかめないなと思いました。「ホームレスの人にはいろいろなバックグラウンドの人がいて、もちろんアルコールやドラッグ中毒の人もいるけれど、離婚や離職がきっかけの人もいる。誰でもホームレスになる可能性はあるんです。理由はいろいろだけど、共通しているのは自分の毎日の生活を、そして人生を組み立てることができなくなってしまっているということ。だから朝起きる、ベッドメーキングする、朝ごはんを食べる、というように規則正しく毎日を暮らすことがとても大切で、ゲストは客さんだけど決まった時間に起きて、ベッドメーキングをしないといけないんです。」なんだかユースホステルみたいですね、といったら、「普通の家庭で普通に身につける規則正しい暮らしを身につけてもらう、あるいは思いだしてもらうことが社会復帰の第一歩。」小学生の御嬢さんのいるサンドラさんはちょっとお母さんな顔をしてにっこり。ここに滞在しているのはすでにシェルターを卒業し、ほぼ社会復帰可能と考えられた人たち。昼間は仕事かNPOが組織する様々な活動に参加していて、週末以外は昼間部屋でうだうだすることも禁じられているそうです。ここで滞在しながら住宅を探し、見つかったら完全社会復帰。平均滞在期間は半年ぐらい。アムステルダムはなかなか手頃な値段の住宅がないので皆さん苦労しているようです。

祖母へのオマージュ

2010年6月22日 23:53【くらし, たてもの, プロジェクト, 未分類

 パリのシャルルドゴール空港の2Fターミナルでアムステルダム行きの飛行機を待っています。10日前に祖母が亡くなり急遽日本へ帰国をしたのですが、なるべく有効に時間を使おうと夜遅く成田を発ち、早朝(朝4時!)にパリに到着する便で戻ってきたのです。

22juni10-01.jpgアムステルダム行きの飛行機は2Fターミナルから出発します。空港のゲートは通常特徴のない通路に配列されていて味気ないものですが、ここはガラスで覆われた鉄骨構造の大空間から搭乗するようになっていて、パンチドメタルを通して拡散された柔らかい光の溢れる陰影のない空間は、旅立ちのロマンスがあっていいなあとはいつも私は思います。もちろん夏の昼間は正直かなり暑いのですが、今朝は日の出の時間に重なり、ゆっくりとラウンジは明るくなっていってうっすら色づく水平線を見ながら私はちょっとメランコリックな気持になりました。今年103歳になる祖母の葬儀を済ませ、私が設計者として関わった、彼女が友人たちと最期の7年間を暮らした神奈川県真鶴町の共同住宅の将来を考える話し合いを始めた今回の滞在は私がこうして建築の仕事をしている背景には祖母の影響が大きかったということを改めて実感した日々でもありました。そこでアムステルダムと東京の間の夜とも昼ともつかない空の上を漂いながら書いた祖母の思い出を紹介させてください。

Categories: