» 2010年6月

祖母へのオマージュ

2010年6月22日 23:53【くらし, たてもの, プロジェクト, 未分類

 パリのシャルルドゴール空港の2Fターミナルでアムステルダム行きの飛行機を待っています。10日前に祖母が亡くなり急遽日本へ帰国をしたのですが、なるべく有効に時間を使おうと夜遅く成田を発ち、早朝(朝4時!)にパリに到着する便で戻ってきたのです。

22juni10-01.jpgアムステルダム行きの飛行機は2Fターミナルから出発します。空港のゲートは通常特徴のない通路に配列されていて味気ないものですが、ここはガラスで覆われた鉄骨構造の大空間から搭乗するようになっていて、パンチドメタルを通して拡散された柔らかい光の溢れる陰影のない空間は、旅立ちのロマンスがあっていいなあとはいつも私は思います。もちろん夏の昼間は正直かなり暑いのですが、今朝は日の出の時間に重なり、ゆっくりとラウンジは明るくなっていってうっすら色づく水平線を見ながら私はちょっとメランコリックな気持になりました。今年103歳になる祖母の葬儀を済ませ、私が設計者として関わった、彼女が友人たちと最期の7年間を暮らした神奈川県真鶴町の共同住宅の将来を考える話し合いを始めた今回の滞在は私がこうして建築の仕事をしている背景には祖母の影響が大きかったということを改めて実感した日々でもありました。そこでアムステルダムと東京の間の夜とも昼ともつかない空の上を漂いながら書いた祖母の思い出を紹介させてください。

私のテリトリー ニューマーケット II

2010年6月12日 02:47【アムステルダム

ニューマーケットからさらに町の中心に入っていくと、まさにそこは14-15世紀に歴史をさかのぼるいわゆる中世地区。旧教会を中心に、オランダ名物の飾り窓やコーヒーショップなどちょっとダークでエキサイティングな繁華街が広がっています。今ではかなりクリーンになりましたが、私がアムステルダムに来たころここはハードドラック地区でジャンキーやディーラーがうろうろしていて当時はかなりびびったものでした。

100612_juni01.jpgでは普通の人は歩かない場所かというとそうでもなくて、ほぼ全裸の女性が窓際に座っている飾り窓のすぐ横に大きな建築資材の店があったり、工具の店があったり、カトリックの隠れ教会があったり、大きな修道院があったり。ここはかつて船乗りのたまり場で、ニューマーケットの東側と港の間には造船所があり、旧教会を中心にキリスト教関係の施設も集まっていたのです。古い町というのは建物が古いだけでなく、その機能も長い歴史があるのだとつくづく思います。

私のテリトリー ニューマーケット I

2010年6月12日 02:47【くらし, まち, アムステルダム

MY WILLEN EEN STAD MET....この写真はnieuwmarkt広場に面した老人ホームの玄関に掲げられています。
'We want a city with neighborhood where living, playing, working, learning and shopping happens at the same time and close to each other for young and old people.'
1970年代ニューマーケット地区は住民運動の台風の眼でした。当時アムステルダム市は地下鉄敷設と同時に戦後長らく荒廃していたこの地区の古い建物を壊し、大きな集合住宅を建設しようとしていたのです。それに反対する若者たちは空き家を占拠し、住民を結集し、たくさんの建物の外壁に数多くの声明文をペイントしました。

1970年代ニューマーケット地区

機動隊との衝突にまで至ったこの運動は住民たちの敗北に終わり、地下鉄は敷設されましたが、ニューマーケット地区周辺に建てられたのは大規模な集合住宅はなく、シティリニューアルと呼ばれたスモールスケールなソーシャルハウジングでした。そしてこれ以降アムステルダムでは歴史的市街地では大規模な再開発がおこなわれることはなくなり、むしろ歴史的な都市の構造を尊重し、修復、リノベーション中心へと流れは大きく変わっていったのです。この出来事は、人々の新しい生活と新しい都市を白紙から構想し、仕事場、住む場所、レジャーなど機能に分けようとしたモダニズムの都市計画思想への市民の痛烈な批判、否定であり、アムステルダムの都市計画のターニングポイントとして記憶されています。

私のテリトリー ニューマーケット III

2010年6月10日 14:14【アムステルダム

100613_juni01.jpg実は私はこれまで70年代の運動とシティリニューアルにあまり興味を持っていませんでした。それはシティリニューアル期に建てられた建築にあまり魅力を感じられなかったのと、学生運動世代に対する世代的な抵抗感があったからです。むしろオランダが面白くなるのは90年代以降の港の再開発だと思っていました。今から思えば形としての建築に興味が向いていたのだと思います。それが今義母の引っ越しをきっかけに、自分でも驚くくらい70年代のムーブメントが今気になっています。

私がニューマーケット近くの事務所兼住宅で暮らしていたときの生活圏は驚くほど小さく、買い物も遊びに行くのも自転車さえ乗らないような時期がありました。都市生活特有の匿名性と適度なご近所づきあいがミックスした快適な暮らしでした。70年代に拡大発展のモダニズムの思想に推進された政治的な力に対して、市民が自分たちの力でこの生活空間の価値を社会に認識させてくれたおかげで、私は今でもこのアーバンライフを満喫することができるわけです。大きな政治やおかねの力は、無償で私たちがかけがえないと思っている暮らしを守ってくれるわけではなく、自ら積極的に働きかけていくことを避けることはできない、ということをこのムーブメントから学ぶことができます。

Categories: