バカンスの功罪

2010年8月12日 19:09【くらし, オランダ, 未分類

 今週いっぱいでオランダの建設業界の一か月の夏休みが終わります。この間決断できるメンバーの揃う会議を開くことは不可能ですし、工事現場もほぼ完全停止です。外部とのコミュニケーションなしにゆっくりとスタディをし、資料を集めるためには理想的な一か月ですが、プロジェクトの継続、経営的には危険な一か月です。電話をしても誰もいないし、資材も集まらない。ほとんど一人ですべてをこなしていた独立したばかりのころはじっくりと物事を考えることのできるとても有意義な期間でしたが、所員を雇うようになってからは外部とのコミュニケーションができないので、事務所を開いていても無意味であることを悟り、思いきって3週間事務所を閉鎖することにしました。オランダの建築家労働協定で義務付けられている年間6週間の休暇の半分はここで全員一緒に消化してもらいます。本当は休暇の時期を強制することは違法なのですが、小さな事務所でみんながばらばらと3週間休んだらやっていられません。年末年始も強制的に最低一週間休み、春、秋にプロジェクトの進行状況に合わせて一週間休みを取ってもらって有給休暇を消化する。これで私は何とか労働協定に沿ってやっています。
 この結果、オランダでは年に2度人工的にプロジェクトのプロセスにストップがかかります。現場も設計も。クライアントはそのブレークの前に基本設計、実施設計、入札、あるいは竣工などなど終わらせようとします。中途半端に後に残るとバカンスから帰ってきて半分記憶喪失になっている人たちが中途半端なことをするのを嫌がるからです。実際に夏の一か月の空白の後なにかと問題となるプロジェクトは多く、事務所を主宰するものとしてはリスクをなるべく抑えて、できる限りコントロールした形で夏休みを迎えるようにと心を砕きます。それに追い打ちをかけるように、この一ヶ月間は仕事をしないので当然収入もなく、夏休み前にはバケーションマネーの支給もあり、小さなアトリエ事務所の主宰者の心労はかなりなものです。バケーションだと言うだけで無理やり生まれたデッドラインの波状攻撃と同時に、誰もがストレスがたまっているせいかコンフリクトも多く、そこここで火消しにあけくれ、オンタイムに設計料が払われるように手配する。
 それでも私はバカンスが建築事務所にとってプラスだと信じています。若いスタッフは半年前から安いチケットを探してアジアへ、南米へ、アフリカへと旅行を企画して一回り大人になって事務所に戻って来る。あるいは普段時間に追われて不足しがちな家族とのコミュニケーションをとってくる。私も休暇が始まるとたいていは寝込んでしまいますが、そのあとは誰からの電話もかかることなく、自由な時間が過ごせる。ほとんど強制されなければ決してこんな状況を自己選択はしませんが、これも一つの文化と思っています。

このブログに関連した記事が日経アーキテクチャー8月9日号の「世界に飛び出す就職氷河世代」に掲載されています。

Categories: