Education
教育

About us

作品集 PRAXIS
学生優秀作品

「神戸芸術工科大学 環境デザイン学科 PRAXIS」では、各学年の設計実習における優秀作品ならびに卒業研究における優秀論文と優秀作品を紹介しています。

環境デザイン実習 I ~IV の4科目は、2~3年次を通して行われ、この学科のデザイン教育のコアをなすもので、建築、公園、まちなみ、都市など、さまざまな環境について提示された課題に、学生各自が担当教員の指導を受けながら取り組みます。課題の内容は、各課題毎に専任教員と外部から委嘱した実習の非常勤講師とがチームになって指導を担当しています。

当学科の課題設定の特色は、なるべく現実の敷地、実在する環境を対象としていることです。そのことにより、設計に先立って現地の見学・調査をしてその結果をまとめ、敷地や現地の模型を製作して環境の特色の理解や周辺との調和について学ぶことができます。さらに、一部の課題は数人の共同制作として言葉によるコミュニケーションの重要性を経験し、課題終了後は全員が講評会で自己の作品について発表・質疑応答を行いプレゼンテーションの力を身につけるなど、様々な体験の場を用意しています。

卒業研究では、全学生が必修で卒業論文と卒業制作の両方に取り組みます。卒業制作は一般の実習課題とは異なり、各自が自由にテーマや敷地を選定し、所属するゼミの教員の指導を受けながら、制作します。これらは、神戸芸術工科大学卒業制作展「カオス」に展示され、華やかなフィナーレを迎えます。

2、3年次の年度を通しての最優秀者には「環境デザイン賞」が、卒業研究については論文・制作の最優秀者に対して、大学から「学長賞」(2005年度までは「吉武賞」)、学科から「環境デザイン賞」「環境デザイン奨励賞」の賞牌が与えられます。