Staff
教員紹介

Adjunct Lecturer
非常勤講師紹介

About us

宮本万理子助教
MIYAMOTO Mariko

宮本万理子
生年・出身 1980年・千葉県
学歴 慶應義塾大学環境情報学部卒業 2005年
東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了 2007年
東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了 2012年
学位 博士(環境学)
主な職歴 東京大学大学院新領域創成科学研究科特任研究員
担当科目 緑地と生態の計画、環境デザイン実習ⅠB、
都市・ランドスケープデザイン総合実習、
ランドスケープデザイン演習(学部)ほか、
環境デザインプログラム(大学院)ほか
専門分野 ランドスケーププランニング、緑地環境計画
研究業績  
論文
(査読付き/筆頭著者)
「下総台地における牧景観の特徴とその変容過程に関する研究」
(学位論文)2012年

「下総台地における牧の払い下げと近代化以降の土地利用の変遷」
(共・ランドスケープ研究)2010年

「牧の払い下げ形式にもとづく下総台地における景観の特徴解明」
(共・ランドスケープ研究)2011年

「土地履歴の解釈にもとづく文化財としての文化的景観の捉え方の検討」
(共・ランドスケープ研究)2012年
(査読なし/筆頭著者) 「東日本大震災 被災および復興状況-若手ネットによる現地調査第2団報告-」
(共・農村計画学会)2011年

「日中韓におけるランドスケープに関わる若手研究者の研究動向と連携の可能性」
(共・日本造園学会全国大会シンポジウム・分科会講演集)2011年
「小金牧の景観変容とその解釈」(単・鎌ヶ谷市史研究)2012年
「英国におけるコミュニティガーデン運営を支援する中間組織の役割」
(共・都市住宅学)2013年
(その他) 「Commerce and Conservation: An Asian Approach to an Enduring Landscape, Ohmi-Hachiman, Japan」
(共・International Journal of Heritage Studies)2009年

「The Potential for Abandoned Paddy Fields to Reduce Pollution Loads from Households in Suburban Tokyo」
(共・International Journal of Water)2010年

「A Historical Study of Farmland Owned and Used by Urban Residents Remaining in Peri-urban Areas of Seoul, Korea」
(共・The 13th International Symposium of Landscape Architecture)2012年
「カシニワ制度に基づくコミュニティガーデンにおける公共性の変化」
(共・ランドスケープ研究)2014年
「The Influence of the Viennese Allotment Gardens Act on the Housing Renovations in Kleingärten in Vienna, Austria」
(共・Urban and Regional Planning Review)2014年
受賞 US Regional Association of the International Association for Landscape Ecology
NASA-MSU Professional Enhancement Awards 2008年

日本造園学会全国大会ベストペーパー賞 2011年
日本造園学会奨励賞(研究論文部門)2013年
学会 日本造園学会 日本都市計画学会 日本農村計画学会
日本建築学会 日本景観生態学会
社会活動 柏市 緑の基本計画(共・策定事務局、調査報告書作成)2009年
日本造園学会企画委員会委員
日本造園学会国際研究論文集校閲委員
日本造園学会研究論文集校閲委員
東アジアランドスケープ研究会プロジェクト調整担当幹事
ホームページ http://marikomiyamoto.jimdo.com/

「景観の動態保全(©鎌ケ谷市郷土資料館)」
「景観の動態保全(©鎌ケ谷市郷土資料館)」

「柏市緑の基本計画」
「柏市緑の基本計画」

「カシニワ制度による未利用地活用(ちょい農)」
「カシニワ制度による未利用地活用(ちょい農)」

「イギリス・ロンドン視察」
「イギリス・ロンドン視察」

デンマーク・コペンハーゲン視察(フィンガープラン)
「デンマーク・コペンハーゲン視察
(フィンガープラン)」