Practice
学科レポート

Activities

学科レポート
practice

ビッグハート広場 整備案 公開プレゼンテーション

2017/07/20
Update: 2017/07/23 @kawakita

7月20日(木)19:00-21:00に、「新長田本町筋商店街ビッグハート広場整備ワークショップ」の整備アイデアの公開プレゼンテーションを行いました。神戸市が整備を進めている「まちなか防災空地」のデザインを、本学科の4年生たちが「環境デザインプロジェクト」の授業の一環で提案したものです。

20170723_085615.jpg

発表会そのものも対象地である整備前のビッグハート広場で行い、この場所の利活用の可能性を示すひとつのイベントとして実施しました。本学科の4年生27名が1〜4人のチームごとに考えた14の提案をプレゼンテーションし、商店街の方々だけでなく、通りがかりの方々たちも足を止めて、発表を聴いてくださいました。

20170723_085737.jpg

学生と集まった人たちとの間では、さまざまな質疑応答や意見交換がなされ、最後には、商店街の方々による審査チームによって選ばれた最優秀賞、商店街会長賞、アイデア賞、そして女子会賞、の授賞式が行われました。

今後、本プロジェクトでは、これらのアイデアをもとに整備案のとりまとめを行い、10月頃の完成をめざして、実施設計と施工を進めていく予定です。

神戸新聞にも紹介記事が掲載されていますので、合わせてご覧ください。

 

「崖の上の家」リノベーション工事進行中!

Update: 2017/06/24 @kawakita

昨年度の「住居・インテリアデザイン総合実習」で最優秀となった山門久晃さん(現在、環境デザイン学科4年生)のリノベーション提案が実現されることになり、目下工事中です。高度成長期に量産されたプレハブ住宅が、敷地条件を生かした立体的で個性豊かな空間に生まれ変わりつつあります。写真は、2017年6月22日の現場(建物内部)の様子。360度画像となっているので、適宜クリック&ドラッグしてぐるりとご覧ください。右下のアイコンをクリックして、フルスクリーンで見るのがオススメ!

 

ビッグハート広場 360°画像

Update: 2017/05/28 @kawakita

4年生の演習授業「環境デザインプロジェクト」のひとつ、「新長田本町筋商店街ビッグハート広場整備ワークショップ」が始まりました。

こちらは、整備対象地であるビッグハート広場の現状360度画像です。

(↓ 広場中央から)

( ↓ 広場正面アーケード内から)

今後、現地調査やまちの方々へのヒアリングを行い、それらの結果をもとに、新たな防災空地として整備するためのデザインを行なっていきます。

 

フレッシュマンセミナー 六甲山と神戸港

Update: 2017/05/21 @kawakita

5月20日には、神戸の特徴である、六甲山から神戸港までの地形の変化を実感してもらおう、という趣旨の1日ツアーを実施しました。

20170521_103001.jpg

↑ 六甲枝垂れ

20170521_103039.jpg

↑『Fish in the Forest 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜』

20170521_103330.jpg

↑ 神戸港クルーズ

この後、大学に戻り吉武ホールでグループ別見学会の成果を発表しました。

 

フレッシュマンセミナー見学会

Update: 2017/04/21

いよいよ新年度が始まり、学科の1年生のみなさんが、いろいろなところに見学に出かけています。

写真は、川北教授のグループによる神戸電鉄湊川駅周辺のまち歩きの様子。神戸の貴重な近代土木遺産である旧湊川隧道の中にも入り、地下に広がる非日常的な空間を体験してきました。

20170421_224208.jpg

 

神戸新聞に「ミキシル」の記事が掲載されました

Update: 2017/02/17 @川北

2月16日、神戸新聞の記者の方が、この日曜日に開催する「ミキシル」2017の取材のため、環境デザイン学科の1階スタジオに来訪されました。掲載記事(デジタル版)はこちら(↓)。

2017/2/17 05:30神戸新聞NEXT「三木の歴史に触れよう 19日、親子対象の催し」

 

伊東豊雄 客員教授の特別講義を開催しました

2016/11/07
Update: 2016/11/08 @川北

11月7日、伊東豊雄客員教授による特別講義「建築をつくるということ」を盛況のうちに開催しました。
明石高専のみなさんをはじめとして、学外からも多数ご来聴いただき、ありがとうございました。

写真は、講義後のワインパーティの様子です。

20161108_002410.jpg

20161108_002452.jpg

20161108_002536.jpg

 

篠山プロジェクト/現地WSレポート1

2016/09/05
Update: 2016/09/05 @川北

9月1日にドイツ、オルデンブルクのJade大学一行が来日し、9月9日までの予定で芸工大および住倶楽部との共同による現地でのバス停建設が始まりました。
建設するのは、「コンペ審査結果」の記事でお伝えした最優秀案を、構造と施工方法について検討した結果、屋根部分をヴォールトに変更した下のような実施案です。20160905_092457.jpg

9月2日には、既存バス停の撤去と、制作用の原寸図の作成を行いました。

 

篠山プロジェクト/バス停コンペ審査結果

Update: 2016/08/13 @川北

先日の「学科レポート」で紹介したドイツの大学とのバス停デザインコンペの審査結果が決まりました。入選作品を以下に紹介します。

最優秀賞(実施案)
- Kosumo OZASA, Hiroki TAHARA, Hidekazu NAGAMINE / 小笹コスモ、田原浩輝、長峰秀和
20160813_114116.jpg

二等賞 (住倶楽部賞)
- Patrizia Plath, Fabian Heckmann, Inga Loudovici20160813_114352.jpg

 

篠山プロジェクト/国際ワークショップ開始

Update: 2016/07/29 @川北

2014年度〜2015年度にリノベーションを行った篠山市の古民家を拠点として、地域の工務店グループである「住倶楽部」のみなさんと連携しつつ、今年は活動を周辺地域にも広げることになりました。

その活動の一環として企画したのが、地域の大切な公共交通機関であるバス停のデザインコンペです。昨年に引き続き、ドイツの2大学(Jade University of Applied ScienceKoblenz University of Applied Science)との国際ワークショップとして実施することになりました。

古民家が位置する篠山市本郷地区には、篠山口駅〜草山温泉を結ぶ神姫グリーンバスと、篠山市のコミュニティバスの両方が走っています。これらの交通ネットワーク全体を意識しつつ、今年はこれら両路線の乗り換え場所である「松隣寺口」のバス停を対象として、その待合スペースを整理することになりました。

20160813_110711.jpg

7月4日に現地見学を行って集めた情報をドイツの人たちとも共有し、そのデザインコンペを3大学の共同で実施しました。