佐藤晋平→みなさん

2010年11月25日 18:58【青・花×登録者 エスキス

私が非常階段の風景を建築化していく時に一番考えたのは、それがどこにでもある場所なのだから多くの人が体験する事ができる建築にしたい、ということでした。

それは私が非常階段で感じた心地よさや安心感というのは、誰にでも感じることができるものだと思ったからです。
だからこそ集合住宅という機能をもたせました。
そしてその場所をそれぞれの住戸へのアプローチとすることで、すべての人がここで毎日さまざまな行為をするのではないかと考えたのです。

しかし、今はもっとサブ的な空間にした方がこの場所の持つ性質を生かせるのではないかと思い始めています。

もしかしたらSOHOのような機能もありえるのではないかと思っているところです。

住戸部分は今のまま存在して、そことオフィス部分との緩衝材のような場所として非常階段が使われるというのも面白いなと思ってます。

佐藤晋平, 2010年11月16日 03:43