牧野正幸/「穴」

「穴」
牧野正幸  神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年 

穴

[講評]
同心円を上から見た写真が美しい。柔らかい素材でつくられているのだろうか。そのせいで、幾何学的な厳密な円とは異なって、三次元的フリーハンドとでも言っていいだろう柔らかさがあって、それがいい。こういう環境の遠景としての見え、またそのなかに入ったときの感覚、どちらも説得力がある。だから、それを、どのように物質化してくれるのかが楽しみです。(青木淳)

藤原佑樹/あちら側の自分。

あちら側の自分。
藤原佑樹  和歌山大学 システム工学部環境システム学科 3年

あちらの自分。

[講評]
自然の光がつくるうつろう空間。それは自然を素材とした一種の物語のようなものを想像します。1年を通しての、また1日ごとの、その長大な物語は、無限の可能性があるでしょう。そのなかで、この作者がどのような物語を紡いでくれるのか。そこに興味を持ちました。(家形を原型とする必然性はなさそうです。)(青木淳)

山下晋彦/苔小屋

苔小屋
山下晋彦  和歌山大学大学院 デザイン科学クラスタ 1年

苔小屋

[講評]
真ん中に立っている模型の木がすばらしい。この木を核にして、それと張りあえるだけの「苔の世界」になるといいです。まだまだ「小さなモノ」の集まりが、ひとつのかたまりに感じられるまでになっていないようですけれど、きっと最終的には、中央(のままがいいかどうかは考えどころ)の大樹と、なるほどなあと思える関係をとりもってくれることでしょう。(機能は忘れた方がいいです。)(青木淳)

山下孝典/森のギャラリー

森のギャラリー
山下孝典 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年

森のギャラリー

[講評]
図面最上部に描かれている立面(らしきもの)が魅力的。山脈の連なり、と言ったらいいか。その姿と平面の姿の、ある意味でのギャップが、この案をもっと膨らませるきっかけになるはず。それから、細胞のようなひとつひとつの区画単位のなかで、小さな三角形の部分が自然に特異な場所になっていることもおもしろい。スケールの差があるからです。そんなことを頭にとめながら、大きな模型をつくってみましょう。(壁に開けられている開口のかたちは、まだまだピンとくるものにはなっていません。)(青木淳)

八島健介/∞


八島健介 日本大学大学院 生産工学研究科建築工学専攻 1年

∞

[講評]
ティッシュペーパーのきわだっていることは、柔らかいのに、かたちを保持できるというところでしょう。しかも、なめらかで、軽い。そこが、ほかの紙とは、ずいぶん違っている点。そんな素材が生むかたちを、実際の大きさにまで大きくしていったとき、その質を変えずに、どう現実化できるか。そこが難しい。まだまだ難題が待っていますが、でも、大変にすばらしい出発点だと思います。(青木淳)

折附隼輝/カーペットの家「あっかんべ〜」

カーペットの家「あっかんべ〜」
折附隼輝 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年

カーペットの家「あっかんべ〜」

[講評]
写真に映っている模型の壁が薄く半透明です。それから、ほとんどの要素が抽象化されているなかで、窓だけ枠が(たぶん)バルサでつくられていて、具象的です。なぜそうつくったのか、興味深く思いました。この模型によって得ようとした感覚を、どうぞ、もっと育て、より模型として定着してみてください。(青木淳)

水野貴之/ミチクサ

ミチクサ
水野貴之 関西大学 工学部建築学科 3年

068mizuno


[講評]
草むらのような、という着眼点がいいです。林立する細い棒の太さ、配置(グリッドとかランダムとか)、密度が異なると、まったく別の環境になります。そのことに気づけば、壁を棒の林立に置き換えるという方法ではなく、その太さ、配置、密度の変化によって、多様な空間をつくりだすことができるはず。そんなスタディをしてくれると、いい案になると思います。(青木淳)

高木翔/ただ街の中にゆらめきがあること

ただ街の中にゆらめきがあること
高木翔 千葉工業大学大学院 建築都市環境学科 2年

(無題)

[講評]
光のあたり方で、奥行感とか、まるっきり様子が変ってしまう環境になってしまう。すでに写真では、そのおもしろさがかなりうまく表現されています。今度は、そうした多様な様相が実際に生まれるためには、どのような形の空間がもっともおもしろいか、それをどういう方位に置けばいいのか、また、どのような膜の張り方がいいのか、ということを模型を使ってよくスタディしてみてほしいと思います。(この形の建物でいいか?床スラブをただ膜に置き換えればそれでいいか?)(青木淳)

西山広志・奥平桂子/大きな器は建築になる

大きな器は建築になる
西山広志・奥平桂子 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年

大きな器は建築になる

[講評]
やや歪んだ器のかたちがとてもいい感じです。この「器」によって、器の内外にどんな世界が生まれるのか。そしてその世界の質をもっとよくしようとすれば、器のかたちはどうなっていくのか。特に内側の世界は、微妙な風景の変化をつくることができそう。この器の内外をどうつなぐといいのか。いろんな展開の可能性があって楽しみです。(青木淳)

最新コメント

QRコード

QRコード