聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities


特派員だより2015

聴竹居の用と美

Update: 2016/01/31 @4年生特派員

こんにちは近藤です

卒制も終わり色々と一段落していたのですが、いろいろありまして

聴竹居の勉強会と研究を短期集中プロジェクトですることになりました。

1月の29日にまずは聴竹居の勉強会を開き、

藤井厚二の生い立ちや聴竹居のデザインの特筆することを勉強しました。

IMG_5441.JPG

聴竹居は1927年、昭和初期に藤井厚二によって設計された

第5回目の実験住宅(自邸)です。

特徴は椅子で生活する洋式の間取りと、夏を涼しく冬を暖かく住まう

パッシブ的なしかけ、それら全てを美しくモダニズムにまとめ上げた藤井厚二の集大成です。

勉強会をうけて今日は聴竹居の見学に行ってまいりました。

banner_a.jpg

外観写真があまりいいのが取れず公式HPの写真を借用 (http://www.chochikukyo.com)

今回の見学は聴竹居の用と美の両立がどれだけされているのかを探すのが目的で

たくさん写真を撮り藤井厚二がどのようにデザインしたのかという意図を追っていきました

900-01.png

900-02.png

900-03.png

藤井厚二は聴竹居の設計だけではなく、家具、照明までもこだわり

家電も最新の冷蔵庫をドイツから取り寄せるほどこだわり抜いてつくりました。

見学時間は1時間だったので必死に用と美の部分を探しました。

お昼には老舗の天丼屋に行きみんなで軽く感想や質問をして今日の見学会は終了です。

今日集めたデータはまた後日資料にまとめてカオス展の時にする発表資料の作成に移ります。

スクリーンショット 2016-01-31 23.15.14.jpg

(國重調査員のまとめた資料)

急な思い付きで立ち上げた総合プロジェクトですが、

みんなで調査し意見をまとめるという作業は楽しくて

学生最後の瞬間を凄く学生していると感じました。

 

特派員だより2015