聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

たびルポ
特派員だより2015

兵庫県立美術館へ!

Update: 2016/01/31 @1年生特派員(

こんにちは、もっちゃんです。

最近は冬らしい本格的な寒さも到来していますね。皆さまは元気にお過ごしでしょうか?

私は元気ですよ~(笑) さて、今回の記事は兵庫県立美術館となります!

坂本拓己DSC_0274.JPG

この兵庫県立美術館は以前に私が記事としてあげた「風の教会」と同じく安藤忠雄さん設計です。

ここは去年の年末に行ったもので、ジョルジョ・モランディの作品展などが開催されていました。(2月14まではモランディ展開催中です!)

そちらも魅力的ですが、あくまでもメインは建物!こちらは美術館外部の螺旋階段です。

DSC_0291.JPG

上の写真の画面下にいるのは学科の仲間です(笑) 私も同じ位置に立ってみました。

DSC_0293.JPG

静かな迫力が感じられます。良いですね。

DSC_0287.JPG

上の写真の左手前、カーブを描く部分が螺旋階段です。

DSC_0294.JPG DSC_0295.JPG

内部の空間です。規則的で力強い壁面と、光源が鋭い、引き締まったような空間になっているように感じました。階段は展覧会の会場へと繋がります。

DSC_0299.JPGDSC_0304.JPG

DSC_0309.JPGDSC_0307.JPG

「階段」が素晴らしいですね。配置やデザインもシンプルながら素敵です。

DSC_0311.JPG

天井のからは自然の光を大きく取り込みます。優しく穏やかな明かりの中、階段を歩きました。

DSC_0314.JPG

私が個人的に気になった館内の通路にある椅子です。

硬そうで硬くなくてやっぱり少し硬い、そんな感触が私は気に入りました(笑)見た目の潔さも良いですね、積み木みたいで。

DSC_0318.JPG

再び外に出て散策です!美術館周辺も安藤忠雄さんがデザインした公園など、見るものが多くありますよ~。

DSC_0281.JPGDSC_0282.JPG

歩ける場が多く、探索の甲斐があります(笑)こちらは連絡通路で、港側に出れます。

DSC_0325.JPG

こちらが港側から見た美術館です。

美術館のデザインもさることながら、これを見れば気になることがありますね!?

そう、この存在感抜群の像です(笑)

「少女像は、美術家ヤノベケンジさん=大阪府高槻市=が手掛けたステンレスや繊維強化プラスチック(FRP)製の野外アートで、「未来への希望」を象徴。神戸市立王子動物園(同市灘区)と同館を結ぶ「ミュージアムロード」のシンボルとして6月にお目見えした。」(神戸新聞より引用)

ちなみに名前は「なぎさ」でその高さも約6メートル程あります!

DSC_0330.JPG

すぐそこは港になっています。

DSC_0333.JPGDSC_0359.JPG

こちらは美術館横に隣接する公園で、ここも安藤さんが設計しました。

DSC_0360.JPG

これは公園内にあるトイレです。仲間がちょうどトイレのコンペに取り組んでおり、「これ良いなぁ~!」と大興奮していました(笑)

今回はここまでです!

やはり何人かで訪れたほうが楽しく、発見もありますね~。春は講義も終わるので、またどこかへ旅立ってきます!

最後まで見ていただいた方、ありがとうございました。

DSC_0367.JPG

 

特派員だより2015