聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

学外活動
特派員だより2015

播磨町まちあるき 後編

Update: 2015/11/02 @2年生特派員(

こんにちは、びっきーです。

前編の最後にクイズがありましたが、どうでしょうか。

b20151017018.JPG

正解は「しんゆ」です。「あらい」ではありません。

新井、つまり新用水路です。

新井ができる前から五ヶ井という用水路がありまして、こちらの水を分けてもらって大池まで流したものが新井です。

さて、ここ薬師堂から南に進みます。

新聞の父ジョセフ・ヒコの生家跡を通り過ぎ、さらに進むと海が見えてきました。

ジョセフ・ヒコについては播磨町のホームページに紹介がありますのでご覧ください。

ここから海沿いを西に進みます。

b20151017019.JPG

見えてきたのは神社。しかし名前がありません。

寄ってみると...

b20151017020.JPG

播磨漁業協同組合、の文字。謎ですね。

最後に古宮住吉神社に。

b20151017022.JPG

ここには常夜燈の跡が残っています。

豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に闇夜で難渋したとき、常夜燈を見つけて無事着岸できたそうです。

実は「古宮」という地名になったのはこのことが由来だとされています。

 

今回のまち歩きでは難しさを感じました。

まちを歩いていると様々な発見がありますが、それを記憶し、纏め、発表する、ということを1日のうちに行うイベントでした。

この一連の作業を行う中で、学ぶことが多くありました。ありがとうございました。

 

特派員だより2015