聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

まちルポ
特派員だより2015

夏休み建物日記1

Update: 2015/09/29 @1年生特派員(

かなりお久しぶりな のん です。

今回は、夏休みの間に出掛けた場所についての記事を書きたいと思います。

8月の初日に小林一三記念館や周辺の関連施設、上旬と下旬には京都市美術館に行って来ました。

この写真は施設へ入館する際のチケットです。

......施設よりも展示がメインなのがバレバレですね...

この記事では、前半の小林一三記念館や周辺の関連施設に焦点を当てていきたいと思います!

20150929summer.jpg

一番左の「逸翁の審美眼」、これは大学の図書館でGETしたものです。

さすが芸工大...このようなものがあったとは...!

この日を境に、学内のいろんなところを確認するようになりました(笑)

このチケットで池田文庫、逸翁美術館、小林一三記念館の3カ所に行くことが出来ました。

【池田文庫】

主に東宝の歴史やポスター、台本や冊子がわかるパネル展示がありました。私自身、舞台や映像に興味があるので、とても楽しかったです!

小林一三が阪急の創業者であることは知っていたのですが、東宝にも関係していたとは知りませんでした。

【逸翁美術館】

小林一三が個人的に収集し、所持していた美術品が展示してありました。細かい絵柄が描かれた陶器や書が多くあり、彼が文化人と呼ばれた所以がよくわかりました。

【小林一三記念館】

ここはもともと彼が住んでいた旧邸だったのですが、2010年に記念館として開館しました。

なんとここ、竹中工務店が施工したらしく...親近感がわきました。

館内の様子は撮影禁止だったのですが、居間は天井が高く木の重みを感じる荘厳な室内でした。和室と洋室も見事に調和されており、素敵な雰囲気でした。

窓からは、庭園の四季折々の植物や、近くの山の景色も見事!

内部の様子や外観がわかる写真は、阪急文化財団 http://www.hankyu-bunka.or.jp/ にあるのでぜひ見てみてください~

最後の写真は、記念スタンプです。

今回は建物の写真がなく、申し訳ないです。

20150929summer2.jpg

 

特派員だより2015