聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

たびルポ
特派員だより2015

GWぶらり旅 其の1

Update: 2015/05/24 @2年生特派員(

 

こんにちは二年生特派員のJAPANです。

ゴールデンウィークが終わったと共に、春の終わりが告げられ、いよいよ夏本番...

みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか。

 JAPANはこの6日間を有意義に過ごすため、生まれてはじめてレンタカーを借り、海を越え、山を越え多くの地に足を運んできました。

全3話完結でJAPANの旅をご紹介させていただきます。

 

まずは、第一話。

舞台は、徳島県の東部に位置するアーケード商店街"東新町商店街"。

2015-5.24JAPAN.JPG

 (諸事情で投稿内容が遅れていますがご了承ください。)

この前日JAPANの故郷、香川県・高松市に一泊した後、明石海峡経由で帰っている途中、夕食を済ませようと偶然立ち寄ったのがここでした。

 一見、どこの商店街とも変わらないような商店街と思い、ぶらり食べ歩きでも...とおもっていましたが

JAPANの目を引く魅力的な建物がたくさんありました。

2015・0313‐JAPAN1.JPG

 東新町商店街は1585年に入国した徳島藩祖・蜂須賀家政が、町人を相手にする商人を集めていたのが始まりで、15年後頃には内町と並ぶ徳島一の商店街として栄えていました。

1970年代が全盛期とされ、その4年後には休日の歩行者が4万人を超えていたそうです。

2015・0313‐JAPAN2.JPG

特徴のある建物が多く点在してはいますが、統一感というものはあまり感じられず

それぞれの店の主張が比較的強い印象を受けました。

2015・0313‐JAPAN5.JPG

しかし、そこらの商店街のような"うるさい"という感じの印象はなく、

それぞれの建物の時代背景のようなものが、ある程度重なっているからなのか

商店街としての温もりを感じました。

 特に目立ったのは、それぞれの店舗によって壁面に非常に特徴的な装飾が施されていました。

2015・0313‐JAPAN6.JPG

2015・0313‐JAPAN7 (2).JPG

個人的には魅力的な商店街だと思えましたが、

多くの店舗がシャッターで占めていたのは非常に残念でした。

 事実、1983年を境に、すでに当商店街は衰退し始めていました。

商店街外に大きなショッピングモールが建設されたり、明石海峡の開通により神戸や大阪等への消費者流出などもまたその要因のひとつだったそうです。

 

京都の町家のような雰囲気の建物が数点あったので、気になって調べてみましたが

これといって特につながりは出てきませんでした。

2015・0313‐JAPAN3.JPG

2015・0313‐JAPAN8.JPG

"昔ながら"な懐古主義的なお店もあれば、接道性・接隣性を基調とした"現代町家"と呼ばれるようなお店もありました。

そもそも町家の魅力というのは屋根、軒、格子を連ね、それが調和を生み、独特の美しい景観を生み出します。しかし、現在はそれと同じように建てることは困難になってきました。道路後退や隣地境界、建ぺい率等、様々な法規に従わなければならないからです。

2015・0313‐JAPAN4.JPG

 どうか、このような建物が消えずにこれからも残り続けていってほしいものですね。

また機会があったら時間を作って見学に行きたいとおもいます。

 

 

特派員だより2015