聴竹居の用と美 京都ランドスケープ展を通じて 結局 ドタバタ奈良旅行 ドタバタ香川旅行 兵庫県立美術館へ! 学生センター 工事の様子 地域とシェアハウス 信州の国宝、善光寺へ! 地元の駅前再開発 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その三 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その二 広島行き隊〜卒制ギリギリだけど息抜きの旅〜その一 今更ですが。

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

まちルポ
特派員だより2015

移住ミュージアムに行ってきました。

Update: 2015/05/06 @1年生特派員(

1年生特派員ののんです。

GWに神戸・北野に行ってきました。

主な目的は神戸インフィオラータの花絵を見に行くことだったのですが、一緒に行った友人が「移住ミュージアムに行きたい」と言ったので急きょ行くことに。

20150504_kitano1.jpg

私はわけも分からずついて行ったのですが、建物の外観を見たときにフレッシュマンセミナーの説明会で見たぞ...と。

帰宅してから調べると、花田教授班が見学に行ったとこだったんですね。

クリーム色の壁と緑色の窓枠がおしゃれです。

20150504_kitano2.jpg

この建物は1928(昭和3)年に「国立移民収容所」として建設された、ブラジルや中南米に移住する人たちの出航前の手続きや健康診断、語学や移住先に関する講習を受けるための施設です。

20150504_kitano3.jpg

2階にはかつて移住者の方々が滞在した部屋の再現がありました。

保健室のベットみたいだなぁという印象を受けました。

体験用のベットもあったので寝転がってみたのですが、とにかく固いし170㎝ぐらいしかないので大柄な男性などは窮屈だったのかも...と思いました。

3階4階は芸術を通した国際交流活動をするとともに、芸術家の公開アトリエが実施されるというフロアです。

この日は祝日開館だったからか、このフロアにはあんまり人がいませんでした...残念。

この建物は、1971年に移住者支援の役目を終え、その後は看護学校や震災後には神戸海洋気象台の一部として利用され、2009年に新たに「神戸市立海外移住と文化の交流センター」として新たに開館しました。

その際、耐震補強をしているのでところどころに鉄筋の補強材があります。

20150504_kitano4.jpg

個人で訪れたので建物に関しては詳しいことはわからなかったのですが、日本とブラジル、中南米の国々との関わりが学べたのでよかったです。

興味がある人はぜひ行ってみてください!

 

特派員だより2015