環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

実習・講義
特派員だより(2012年度以前)

吉良森子ワークショップに参加しました!

Update: 2012/01/31 @1年生特派員(しんた)

120131kiraws.jpg

1月6日~17日の期間で吉良森子ワークショップ2012が開催されました。

今年のテーマは、「コレクティブな住まいからコミュニティのこれからを考える」です。
場所は、オランダ。フローニンゲン市のデパートの倉庫がある場所を対象に、
集合住宅 + コミュニティ・商業プログラムの建物を設計しました。
1グループ3~4人で7つのグループに分かれ、それぞれ課題に取り組みました。

Aグループ 【特別賞】
kiraws_ateam1-1.jpgkiraws_ateam2.jpg
らせん状のスロープを建物に巻きつけるように配置し、自然と住民と地域住民が交流出来るようなスペースを作ったようです。
街で見つけたら登りたくなるような形です。

Bグループ 【ゲストクリティック賞】
kiraws_bteam2.jpg
kiraws_bteam4-1.jpg
kiraws_bteam1.jpg
中心の広場を3つの建物で囲み、1階部分にカフェやユースホステルのエントランス、街の交流場を設け、住民・ホテリアー・地域の三者が繋がれるつくりになっています。
ちなみに僕はこのグループでした。

Cグループ
kiraws_cteam1.jpg
kiraws_cteam3.jpg
階ごとに住居や商業に用途を分け、その2つを繋ぐスペースにパブリックな空間をもってきています。
そこでは住民と街の人との新しいコミュニティがうまれます。

Dグループ
kiraws_dteam2.jpg
kiraws_dteam4.jpg
kiraws_dteam3.jpg
住民をアーティストに設定し、アトリエやギャラリーをつくり、建物を利用してイベントや作品展等ができるようになっています。それを介して、住民であるアーティストと街の人がつながります。

Eグループ
kiraws_eteam1.jpg
kiraws_eteam2.jpg
建物を3つの木にみたてたコンセプトになっています。デパートと飲食店に挟まれた立地に3つ目の新たなコミュニティを相互に関わりあうような構成で建てられています。

Fグループ 
kiraws_gteam1.jpg
kiraws_gteam2.jpg
スロープがらせん状に建物の上部まで続いています。このスロープは自転車に乗ったまま移動できるというなんとも夢のあるつくりです。「劇場」をモチーフに、住民が演者となり、この建物を舞台にする。そして、向かいの広場や近くを通りかかる人たちに生活(演技)をみせるということを言っていました。

Gグループ【吉良森子賞】
kiraws_fteam1.jpg
kiraws_fteam3.jpg
最優秀賞にあたる吉良森子賞のグループです。このグループは、唯一既存の倉庫のリノベーション案でした。倉庫の元の構造をうまく利用しながら、コレクティブな住まいを目指していました。


このワークショップに参加して、先輩たちと話し合いながら1つの作品を作り上げていくことや、初めて平面図をかく機会をもらったこと、さらに幸運にも賞をもらうこともできて予想以上に収穫のある時間になりました。また、今回はオランダのフローニンゲンという見ず知らずの土地の設計というなかなか出来ない経験も出来ました。
次にこのような機会があるときにもぜひ参加したいと思います!

 

特派員だより