環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

学外活動
特派員だより(2012年度以前)

震災スタジオ2011-1 志津川地区 歌津地区

Update: 2011/09/04 @4年生特派員(まっつん)

前回の記事に続いて志津川地区、歌津地区の報告です。

始めに志津川地区です。

志津川地区は三陸町の中でも一番大きな町で
市街地があり三陸町の中心地でもありました。


バスから見た、三陸町の沿岸部の風景です。

sidukawa09042-1.jpg


sidukawa09042-2.jpg


sidukawa09042-3.jpg


sidukawa09042-4.jpg<


sidukawa09042-5.jpg<


sidukawa09042-6.jpg<


sidukawa09042-7.jpg


sidukawa09042-8.jpg<


sidukawa09042-9.jpg<


sidukawa09042-10.jpg<


さきほどの地区と同じく、鉄骨・コンクリート造の建物以外、
基礎しか残っていない風景で、
がれきの中から、雑草が生い茂っていました。


そして防災対策庁舎に向かいました。

sidukawa09042-11.jpg

防災対策センターとして利用され、
震災時もギリギリまでここで
作業をしていたため、津波にのまれ屋上に避難したのですが、
屋上まで津波が来て、
アンテナに上ることができた人は助かったそうです。

鉄骨だけ残り、
実際に建物を目のあたりにすると高さのスケール感がすごく伝わり
今回の津波の高さが肌で感じられました。


sidukawa09042-12.jpg
この町の防災計画は、
チリ津波のときの計画で建てられており、
3メートルの津波の高さで計画されていたのですが、
今回の津波は5倍の15メートルの津波が襲い、
計画不足という問題ではなく、
今回の津波は本当に想定がの高さが襲ってきたみたいです。


防災対策庁舎の周りの風景です

sidukawa09042-13.jpg

sidukawa09042-14.jpg

sidukawa09042-15.jpg

sidukawa09042-16.jpg


テトラポットがここまで流されているのは衝撃でした。


sidukawa09042-17.jpg
志津川を高台から見下ろした景色です。
この平野にはたくさんの住宅があり、
橋も線路も流されています。


志津川地区は次の日にもう少し詳しく調査したので、
次の記事で、説明させていただきます。


次は歌津地区です。
歌津地区は時間もなかったこともあり、
高台にある南三陸町立伊里前小学校からの状況だけ、
確認できました。

utatu09043-1.jpg

utatu09043-2.jpg

utatu09043-3.jpg

utatu09043-4.jpg

utatu09043-5.jpg

utatu09043-6.jpg

utatu09043-7.jpg

utatu09043-8.jpg

歌津地区は海沿いの国道が流されている光景が衝撃的でした。
高台にある南三陸町立伊里前小学校まで、
浸水したらしく、
もう少し上にある高台にある南三陸町立伊里前中学校まで
避難したそうです。


この後ホテルに戻り夕食を済ませ、
この日の調査の結果を各班まとめ、
明日から歌津 戸倉 志津川の3つの地区のうち、
どこの地区について調査するか話合いました。
utatu09043-9.jpg

utatu09043-10.jpg

わたしの班は志津川地区を調査することになったので、
次の記事詳しく書かせていただきます。

 

特派員だより