環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

ひとルポ
特派員だより(2012年度以前)

卒業制作リレーインタビュー Vol.8

Update: 2011/02/10 @3年生特派員(げんた)

今回は


花田研究室/山神達彦さん

にお話を伺います

yamagami.jpg
特派員:げんた(G) インタビュアー:花田研究室/山神達彦(Y)


G:講評会への選出おめでとうございます。

Y:ありがとうございます!!

G:では、最初に「卒制のテーマについて教えてください。」

Y:大きなテーマは『無縁社会』について。
キッカケは本校の青木淳先生のオープンスタジオで、シャッター街の風景からを取り組んでいて、あとは、4年間のやって来た事をまとめて自分がどういう事に興味があったのか社会に対してどんな風に生活しているか。
「どんな風に集合してそれが成り立つのか」
それが、卒制のテーマになったんよね。
またサブテーマとしては「憂鬱(melancolia)」。それは僕の考えでは良い意味で捉えているんよ。

G:おお。なるほど。
「こだわった部分や苦労・悩んだ部分はありますか。」

Y:とにかく模型を見てください!見てほしい
すごいですから!
コンセプトから建築としてモノにするまでの着地点(成立するか)がすごい苦労した。
折り合いのつけ方が一番悩んだ!

G:模型がすごい雰囲気がある。
「プレゼンで伝えたかった事や強調した部分はなんですか。」


Y:なるべく共有できる言葉づかいが大事で意識して
自分の経験からなるモノだから、
そこは丁寧にゆっくり伝えたかった。
だけど時間が限られていたから
すごく焦った。。。。

G:言葉使いがむつかしいですもんね。
「先生からの言葉で一番印象に残った言葉はなんですか。」

Y:遠藤先生の言葉やねんけど
『建ててさせてはいけない建築だけど建てなくてはいけない建築』だね。
っていわれて。
社会に対するアンチテーゼは鋭いけど、実際に作ろうとするのは君の勘違いだよ。って言われて。これは僕がコレから考えなくてはいけない問題でもある。
頭ん中だけで解いてる部分が多いからもっと現実を見なくてはいけないというメッセージなのかもしれないよね。

G:なるほど。。
話はがらっと変わって
「影響を受けた建築家・人etc.はいますか。」

Y:画家のヴィルヘルム・ハンマースホイ
すごく憂鬱そうなんやけど引き込まれてしまう。
制作的には神戸市長田区の丸五市場
その空間体験は影響受けてる。

G:共通点が垣間みれます!!
「建築以外で今、一番興味がある事はなんですか。」

Y:絵画とか絵を描く事。
ファションとか陶芸の身の回りの物を作ってる人たち!


G:「卒展(カオス展)に向けての心境はどうですか。」

Y:平面図をかなり直してる!
あと模型がかなりすごい!
それと、研究発表会が県立美術館で行なわれるので
それを聞いてもらったら作品も見やすくなります!
かなりリンクが出来て理解しやすくなります!!

G:来年の進路など教えていただけますか。」

Y:神戸芸術工科大学の大学院です!

G:頑張ってください!!!
「最後に一言。」お願いします。

Y:松田くんと中川さん中馬くんに感謝したい!

あと07Eの仲間!

励まし合いながら出来た!

良い作品をつくるには
執念が必要!!

そこから見える物はたくさんあります!

お忙しい中、真摯に受け答えしていただいて感謝しています。

このように、カオス展までにインタビューをどんどんアップしていきます。

また次回乞うご期待です。

 

特派員だより