環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

つぶやき
特派員だより(2012年度以前)

16年目の1.17

Update: 2011/01/19 @3年生特派員(せみ)

阪神淡路大震災から、今年で16年目をむかえます
あなたはどこで何をして、どんなことを思いながら過ごしましたか??

今日はちょっとしたつぶやきです....

私が神戸にやってきて、2年が経ちました。
昨年の1月17日は、気付けば過ぎていて
何も考えず、何も知らずにいた1.17でした。

しかし、今年はちがいます。

コトハナさんの「シンサイミライノハナ」に出会い
プラスアーツさんの「カエルキャラバン」に出会い
それぞれのイベントで、被災者の方々に出会い

被災していないから・出身が違うから、だから遠いモノだと思っていた震災が
実際の経験者に出会うことにより、リアルに感じられるモノになってきました

そして、次第に考えるようになったことは
震災に対して、自分がどう関わるのか
震災に対して、デザインで何ができるのか
ということでした。


1101191sinnsai.JPG

それを確かめたくて、今年の1.17は
コトハナさんの、JR三宮駅でハナを咲かせるお手伝いしてきました。

ハナを咲かすと、足をとめる人・募金をしてくださる人・声をかけてくださる人
「ハナを咲かせることで何が出来るのだろう??」 そう思っていた疑問が解けました

ハナというツールで、間接的に震災と関わることができていたのです
これこそが、デザインの力なのでは?と感じました。

110119sinnsai23.JPG


被災していないから・出身が違うから
だけども
神戸で学んでいるから

それだけでも、気付けたことは大きいと思います。


そんなことを考えた今年の1.17
私にとって震災は、キッカケをくれたもの
まだまだ小さなキッカケだけども、次の活動につなげていけたらと考えています。

 

特派員だより