環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

ひとルポ
特派員だより(2012年度以前)

卒業展示インタビュー  その2

Update: 2010/02/15 @3年生特派員(山神)

続いて吉村先輩・山川先輩のインタビューをどうぞ。

(吉村先輩→Y1 山神→Y2)苗字のイニシャルが一緒なので数字で...
100214_sotsutenn01.jpg

Y2:まずは、奨励賞おめでとうございます。
Y1:・・・・ありがとう・・・(笑)。
Y2:卒制を振り返ってみて、今の心境はどうですか?
Y1:・・・楽しかったぶん、悩みもありました・・・(笑)。
Y2:そうですね(苦笑)先輩は締め切り間際まで、よく悩み抜いなぁと思います。
Y1:そう・・・もう間に合わないと思ってしまった。
   それでいっかなぁとも思ったし(笑)。
Y2:いやいやいや・・(笑)
Y1:(笑)
Y2:展示で工夫された点はありますか?
Y1:そうやなぁ...なるべくA1シートは使わずに、小さくピンナップしたな...。なんか
自分の中で、その方が見やすいと思ったんよね
Y2:そうですね。実際すごく見やすかったです。作品にもよると思いますけど、一つ一つ小さくパネル化すると、内容がわかりやすいですよね。
Y2:卒業制作で感謝したい方は?
Y1:まずは花田先生...それと両親、周りで支えてくれた先輩と後輩(特に中馬と山田くん)やな。あとは、よしきとかみゆき...。
Y2:これから卒業制作に取り掛かる後輩たちになにかアドバイスはありますか?
Y1:ん...俺がアドバイスするとしたら...、その場所で何ができるのかを考えること...かな。
Y2:最後の質問とさせていただきます。先輩にとって卒制とは?
Y1:処女作!
Y2:ありがとうございました。


(山川先輩→Y3 山神→Y2)また苗字のイニシャルが一緒なので数字で...
100214_sotsutenn04.jpg

Y2:先輩、奨励賞おめでとうございます。
Y3:ありがとう(照)
Y2:今、この4年間を振り返ってみて、無事卒展を迎えた今の心境はどうですか?
Y3:ちょっとこころぼそいです。
Y2:先輩のプレゼンテーションは個人的にすごく惹かれたんですが、なにか工夫されたことはありますか?
Y3:ん~、まず気をつけたのは、建築っぽく見せないことかな。それと自分の言葉を使うこと。
Y2:なるほど。確かに建築のプレゼンテーションって、どれも似た感じになりがちですもんね。
Y3:そう
Y2:この黒色のシートは、最終講評会のときにはなかったですよね。
Y2:そう、これは卒展用につくったんだけど、作品というよりも自分が普段考えていることとか、自分自身を知ってほしくて...ここに書いてある言葉は、いつも持ち歩いてるクロッキー帳とかに書かれてる言葉とかなんだけど
Y2:卒業制作で感謝したい方は?
Y3:いままで教えてくださったすべての先生たち。それと友達かな。特に一緒にスタジオで制作してた女の子全員。そしてなによりお手伝いをしてくれた紘子。
Y2:最後の質問にさせていただきます。来年に向けて後輩になにかアドバイス、メッセージなどがあれば
Y3:うん、卒制ってなんか身がまえちゃうけど、評価とかをあまり気にせずに自由にやってほしいし、もっと自分のなにか根本的なところに向き合って制作してほしいな。
Y2:なるほど、確かにそれは、最近の卒制の傾向でもありますね。流行というか、こうやったら受けがよさそう、みたいな。そうじゃなくて自分自身の目線とか考え方をしっかり持った上で設計することが大切な気がします。これからも先輩の独特のスタイルを示していってください。ありがとうございました。
Y3:ありがとう。

 

特派員だより