環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

ひとルポ
特派員だより(2012年度以前)

「青木淳と建築を考える」中間インタビューvol.2

Update: 2009/10/27 @2年生特派員(げんた)

ではでは

第二回目の突撃インタビュー開始です。

質問内容は

1、中間講評を行ってみてどうでしたか??
2、青木淳さんと対話してみてどうでしたか??
3、学校でしている中間講評とは違いはありましたか??
4、中間を受けてみてもう一度自分のドローイングを見つめ直して。
5、終わってみてどうですか?

aoki-yosimura.jpg

今回は4回生の吉村さんにインタビュー

吉村:Y  元太:G

G:卒論やら忙しい合間にありがとうございます!!

Y:いえいえ。。


G:ではさっそくですが(1)はどうでした??

Y2,3回生の時は緊張してかなり声とか震えたけど、
 4回生になると全然緊張はなかったな。

G:さすがですね!!場数が違いますもんね。笑

Y:経験値が少しづつ増えてるからね。。笑
 中間の案はポーンって出てきた感じやねん。それでも優しく見守られてる感があってよかったな。それに笑ってもらえたし。なにやってんやろうって感じで!!
それがよかったな。

G:そんな感覚があったんですか。。。

Y:青木さんの目も見れたしね。
 すべて見られてる感じがしたな。。

G:なんかかっこいい!!笑
 (2)はどうでしたか??

Y:青木さんはすごい建築家って本当に実感したよ。
 作品の発展の仕方をセッションできて楽しかったな。自分がイメージしていた事をうまく言葉にはめ込んでくれて。。
G:ちょっとまってください!!??どういうことですか?

Y:うーんとね。
 自分の中であまりにもイメージが言葉に出来ていない状態のモノに青木さんがどんどん言葉をどんどん足してくれたって感じかな。。

G:なんだかわかる気がします!!!

Y:うん。
それが一番の収穫かな。


G:では、次の質問です。
 (3)はどうでしたか??

Y:普段の中間(実習課題)とオープンスタジオの中間の違いは
あってほしくなかった。 でもあったよな。。
G:例えばどんな感じがですか?

Y:実習課題は建築を学ぶ学習で否定もあれば肯定もされるわけで。
 でも今回のオープンスタジオはすべてを受け入れてくれる感じがして。ちゃんとみられているような。

G:そうですよね!!どんなモノを出しても何かしらいろいろ拾ってくれはってたしすごかったですよね。

Y:そうやな!でもまぁ、中間は中間やったな笑
 なにかしら優しかったけどな。

aoki-yosimura-2.jpg

G:ですね。笑
 (4)はどうでした??

Y:今の時点でみんなのドローイングを見れてよかったな。みんな全然違うものやったし。だからよけい自分のモノを客観的に見つめる事が出来ている。

G:ほぉうほぉう。。。

Y:花田先生に言われたけど「自分の意識してない根本的にある自分の考えが自然と自分の意識している部分とつながってくる」昔考えていたことが今考えている事とつながってくるんよ。

G:なるほどね。その考えが中間のドローイングとリンクしてるわけですね。
 では最後に(5)を

Y:1位ねらいます!!!!!

G:まじですか!!!
 さすがです!!!!!

 貴重なお時間ありがとうございました!!

Y:げんちゃんもがんばって。。

G:はい!!!!!


aoki-yosimatu.jpg

次は2回生の吉松(ヨッシー)です。

吉松:Y げんた:G

G:忙しいのにどうもありがと!!
 では、(1)はどうでした??

Y:だした事はホンマに良い経験が出来たと思う。やっぱり気づく事も多いしアカンておもえるのも次につながるのも出した事によってやから!!!

G:前向きな意見やな!!
 緊張した??

Y:緊張したよ。自信もなかったしね。

G:言いたいことはいえた??

Y:言おうとしてたことは言えたけどなんかしっくり来なかったな。。。。


G:そっかーー
 次は頑張ろう!!!
 (2)はどう??

Y:すごかった!!ほんまに。。講義とかも難しいと思ったけどむちゃくちゃわかりやすかったし。1枚も2枚も上手な存在で、、、天才やな!!!!!

G:おぉ!!
 なんか遠い存在やな。。。。
 ヨッシーの作品についてはどんな話できた?
Y:そやな。。。
 コンペとかやったりしていて、自分的にはそのコンペを主催している審査員好みにあった先品を作ったほう良いと思っててんけど、それは違うなぁって感じた。自分の感性で人を説得させるのかなって感じた。。。

G:ドローイングについてはどう話できた?

Y:あまり食いつかせる事ができなかった。だからこそもっとなにか出来たんじゃないか思ってしまったかな。


G:せやなーー。
 難しかったしな。。。
 (3)はどんな感じの印象を受けた?

aoki-yosimatu-2.jpg


Y:全然違う!!!!!!
 課題より断然自由度がちがう。
 だからこそオープンスタジオやねん!!

G:だよな!!!
 (4)どうしてる??

Y:正解はないから自分がはじめに思いついたドローイングを広げようかなぁって。。。
 正直、むっちゃ悩んでるんよな。。。。。。。。。。。


G:やんな。。。
 俺も同じきもちやな。
 最後に(5)は??

Y:中間出した事で課題が出たからそれを解消したいし!!だから最終まで頑張っていきたい!!!!

G:お疲れさん!!!
 ライブ楽しんできてね!!!!

Y:はぁーーーーい!!!

aoki-cyuma.jpg

ラストはこれまた2回生の中馬(ちゅうま)です。。

中馬:C げんた:G

G:眠いのにどうもありがとう。。。
 (1)はどうですか??

C:いろいろあるけど、反省点ばっかりやった。。笑

G:まぁしゃあないな。。。。
 (2)はどう??

C:よけい悩んだな。。共感できる事は1つも無い。。。。。。

G:まじか。。。
 ここはヒントのなったとかはないん??

C:いっぱいあったけど、ほんの1部分しかしゃべってくれんかったし。。。
 正直、わかりません。。。。。

G:感傷に浸ってますね。。。
 青木さんはどんな印象でしたか??

C:どんな変なものでも馬鹿にしたりとかせんとちゃんと作品と自分と向き合ってくれてほんまによかった。嬉しかった!!!!なんか若いよな笑

G:それはむっちゃ共感できる!!
 じゃあ「3」は??

C:見てる視点がちゃうし、花田先生とともかみ合ってなかったし。。笑
 でもそれが青木さんのオープンスタジオに参加している大切さだと思います。

aoki-cyuma-2.jpg

G:率直な意見が素敵やな
 「4」は??

C:なんか青木さんが言うてることと自分のドローイングがなんか違うなっておもっています。なんかほかにいい方法があるんではないかと悩んでいます。。。。。
変えようかとも悩んでいます。。。。。。

G:ファイトや!!!(5)お願いします!

C:頑張って完成形持っていきます!!!!!


G忙しい中ありがとーーーー!!!!!


生の声ってなかなかリアルで

すごく楽しいインタビューが出来ている気がします!!!


また次回

乞うご期待!!!!
 


 

 

特派員だより