環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

ひとルポ
特派員だより(2012年度以前)

「青木淳と建築を考える」中間インタビューvol.1

Update: 2009/10/27 @2年生特派員(げんた)

10月3日に建築家の青木淳が神戸芸術工科大学に来られ
オープンスタジオ2009「ドローイングから建築へ」特別講義と中間講評をしてくださいました。

そこで中間講評を受けた人々に直撃インタビュー!!!!
質問内容は

1、中間講評を行ってみてどうでしたか??
2、青木淳さんと対話してみてどうでしたか??
3、学校でしている中間講評とは違いはありましたか??
4、中間を受けてみてもう一度自分のドローイングを見つめ直して。
5、終わってみてどうですか?


aoki-yamagami.jpg

まずは3回生の山神さんから直撃です!!!!

山神:Y げんた:G

G:学祭中すいません。。。
 去年も中間講評会をうけた山神さん。(1)

Y:緊張したよー。

G:ホンマですか!!??全然そんな感じしなかったですよ!!

Y:緊張してないフリしてたんよね。笑
 でもパソコンをいじってる手はかなり震えてた。。。

G:僕も中間講評会出ましたけど、空気感がすごかったですもんね。。
 (2)はどうでしたか?

Y:去年の時は青木さんの言葉を受け止める事で精一杯やったんやけど、

今年は違ったかな。少しは青木さんの言葉を吸収できたかも。

G:すごい!!
僕は正直あの空気感に負けちゃってあんまり覚えてないのに。。。

Y:青木さんは建築を考える時、
建築以外のモノで考えている感じがするんよ。テレタビーズが良い例
(特別講義の時一番会場がわきましたね!!笑)
においとか世界観とか自分の感覚をすごく大事にしているのかなぁ。。

G:テレタビーズはなんかずるかったですよ!!笑
 僕の中の建築家のイメージで理論立てて、それから建築を作っていくもんやと思っていたんですが青木さんは全然違うやなって。
(理論を超えた!!??笑)

Y:そうかもね。笑
 言葉にできない好き嫌いがあるんよ。。ピュアハートなんかな笑


G:ではでは、(3)はどうでしたか?答えにくい質問ですが。。

Y:今回の中間は芸工大で有志を募って行われたんやけど、
そこが普段と違う所かな。
 中間をだした人はホンマに得をしたよね。他の大学にはないし、学生の内にこんな事ができるのはすごく良い事だとおもったよ!!


G:そうですよね!!すごいチャンス貰えてますよ!!
 (4)はどないですか??なにか、わかりましたか??

Y:僕は直球のデッサン(ドローイング)を出したんやけど、少し準備不足やったかな。。日頃使っているツールで、画塾にも通っていてデッサンのコントロールはかなり出来ている気がしているんやけど、コントロール効かない部分があるんよ。その部分がなにか新しい視点に変わる気がしていて、だからどんどん描いていってその部分(引き出せないドローイング)をたくさん洗い出すつもり。
そこでこれだと思う時を探す!!

G:なるほど。。。。大変な作業ですね。。

Y:まぁね。やるしかないね!!


G:お互いがんばりましょ!!
 長々とインタビューすいません。。。
 最後に(5)お願いします!!

Y:<とりあえず学祭おわってからかな。。。
最後まで悩みきってやるぞ!笑

G:貴重なお時間ありがとうございました!!!!!
Y:いえいえ。。。

aoki-yamada.jpg

2人目は2回生の山田(やまちゃん)です!!

山田:Y げんた:G

G:<改まってこんな形でインタビュー照れくさいのですが、
 よろしくおねがいします!!!
 (1)はどうでしたか?


Y:思っていたより緊張しなかったかな。カンペもあったし。

G:ガラスのハートかと思いきやなかなかやるな!!

Y:でも中間講評2日前が緊張のピークやったわ!!!笑

G:なんやそれ!!!!笑(2)はどうやった??


Y:なんもわからんかったけど講義や青木さんと対話してなんとなく良い方向の進んでいるのもあれば、的外れの部分のあったなぁ。建築の話じゃなくて、体験や経験の話をしきりにしてはったな。。建築ってハコやなくて、体験を作るはなしや考え方がすごくおもろくて楽しかったなぁ。

G:それむっちゃわかる!!楽しかったな!
 なんかお母さんんみたいに優しかったし笑
 (3)はどう??


Y:中間は中間や!!!!


G:たしかに。笑
じゃあ(4)は??

Y:アート的に考えすぎたかな。
 ドローイングはあくまで
 建築を考える(広げていく)手法っていってはったしな。
 なんやろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


G:OK!!まだまだ考え中って感じかな。。。
 最後の締めで(5)どうぞ!!


Y:最後の残りたい・・・・・・・・・・・・。

G:俺も!!!!
 貴重な時間ありがとうございました!!

Y:きにすな。。

というわけで今回はここまでです。

これからも中間講評会にでたメンバーを突撃インタビューしていくので
乞うご期待!!!!!!

 

特派員だより