環境デザイン基礎演習! 「あー何も考えられない!!」 フレセミin淡路島♪ 芸工一受けたい授業!? 報告会に向けて... 新入生歓迎会 同級生(38歳)の家へ 沙弥島調査の旅〜1日目〜 陶芸体験 ETのある新築のお宅訪問 ヨドコウ迎賓館‼ 初記事!フレッシュマンセミナーへ♪ フレッシュマンセミナー!

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Activities

日々の学科
特派員だより(2012年度以前)

卒業設計インタビュー part2

Update: 2009/01/19 @3年生特派員(香川)

さぁ!今回、卒業設計インタビュー第二回といたしましていつも仲良くしていただいている牧野先輩・二井先輩・萩原先輩にインタビューしてきました。
場所(ラボ棟奥)
3rd-k-6.jpg

今回インタビューするにあたり以下の質問を用意しました。
時間の問題により単刀直入な質問しか用意していませんがご了承下さい。

Q1 卒業制作が残り1週間とわずかになりましたが、今の制作状況と心境の方はどうですか?
Q2 今こうして作業していますが、いつ頃この案がでてきましたか?
Q3 先輩方にとって『卒制』とは?また一言でいうと?
Q4 手伝ってくれている後輩に何をここでは学んでほしいですか?

   
まずは花田研究室の牧野正幸さんにインタビュー。
ここは「アンナさんたち」と言われるチームだそうです。

香川→K 牧野→Mと省略します

K:いつも近くにいるので突然質問する形になると緊張しますね(笑)

M:ほんとですね。

K:時間がない中すみませんが早速質問の方に入らさせていただきます。

M:笑 どぉぞ。

K:Q1

M:そぉだねぇ〜不安ワクワクって感じ!制作にあたっては手探りな感じだけど、どうすれば自分が目指していたアンナさんに出会えるかを一生懸命考えているね!もぉすぐ
つかめる位置にいると思う!

K:(早速牧野語ですか!)横で作業しているのを見ていていつも悩んでいる姿には模型に対する熱意が伝わってきます 笑!
先輩とはちょくちょくいしょに作品作ったりしますが、気になるのが先輩の中にある女の子(アンナさん)。あれは・・・

M:ん〜〜〜頭の中から急に出てきたんだよねぇ 笑
ストーリーと女の子がいっしょに連動するようにアイデアが出てくるんだよね 笑
まぁ〜病んでいる時だけだけど。
  
3rd-k-1.jpg

K:Q2

M:去年の夏あたりかなぁ

K:Q3

M:見たことのない世界にいりびたることです。一言で言えば『黒』だね!笑

K:先輩は本当にいつも見たことのない世界を目指していますね 笑
尊敬してますけど。僕も来年は誰も見たことがない世界を作ってみたいです。
それでは最後の質問の方に・・・
K:Q4

M:頭の中のグルグルについて来てもらえる後輩たちが来てくれて本当に助かっています。彼らには学んでもらうことより、今まで見たことのない世界を見せてやります!

K:ははは 笑 本当に期待しています。残りあとわずかですけど卒業制作頑張って下さい。ありがとうございました。それでは失礼します。

M:こちらこそありごとうね。
3rd-k-2.jpg
左はアンナさんたちの一員の吉村君 右が牧野さん
3rd-k-3.jpg
牧野さんの模型はこうして見るのが1番らしい。

牧野さんの摩訶不思議な世界をご覧になりたい方は
http://amna.exblog.jp/
に覗いてみてください

次は僕が今回卒業制作を手伝っている遠藤研究室の二井先輩にインタビューです。
ここは「うるせいやつら」と言われるチームだそうです。
二井→Nに省略します。

K:こんにちはって言っても2週間前から手伝っているのであれですけど、今回はしかっりインタビューしますんでよろしくお願いします!

N:笑 本当やね。聞くことないかもな。

K:それでは早速質問の方に入らさせていただきます。
K:Q1

N:制作の方は今のところ問題はないね。手伝ってくれてる後輩たちに感謝してるし、こいつらと作業するのがとにかく楽しい!今の心境は諦めないことの大切さを知れたこと。作業状況は75%ってとこかな!ここからは本当に後輩たちの力が必要となるので頼みます!

K:いつもながら熱いっすね!最後の1週間楽しくやれればいいですね 笑
みんなで何かする時間なんかあればイイですね。

N:おぉ〜〜イイですね!1週間前に一度みんなでピザ頼むのもありかもしれませんね 笑 そぉいった何かできればイイですね 笑 

K:あぁ話戻しますね 笑
K:Q2

N:たしか論文の最終講評会の時やった気がする。それ以前にもいろいろ考えてたけど
今の案に最終的にまとまったのがそんな時かな。

K:アイデアがでるまでいろいろ悩みましたか?

N:あんまない 笑 あったけなぁ〜

K:!?
  今回の卒制、1番誰に見てもらいたいですか?

N:parents!

K:確かにそぉですね。
K:Q3

N:『絆』

K:Q4

N:とにかくここでは俺を感じてほしい!!

K:本当に熱いコメントありがとうございます 笑
何か後輩に一言があれば・・・

N:今を生きよう!!

K:熱い・・・
3rd-k-5.jpg
↑二井先輩

K:では質問の方を終わらさせていただきます。ありがとうございました。

M:おぅ!こっちこそありがとう!

続きましては小玉研究室の萩原先輩にインタビューしてきました。
ここでは「出会って1週間目」と言われているようです。

萩原→Hと省略します。

K:こんにちは 笑 いつもここは楽しい雰囲気がありますね。
  ハギさんの笑い声がいつも聞こえてきます。すごく 笑

H:いつも楽しく卒制さしてもらってます 笑 楽しいメンバーやからね。

K:ではインタビューの方に入らさせていただきます。
K:Q1

H:焦り。ん〜でもやっぱこうして戦ってきた仲間と終わってしまうのがやっぱり寂しいね。

K:そうですね。本当に最後の最後の制作になるんですね!卒制での悩みって何でしたか?

M:やっぱゼミやってきた4年間の集大成って何だろうって考え続けたな。

K:Q2

H:湊川プロジェクトの「まちとしょ」が終わってから10月あたりにアイデアがでてきた。「まちとしょ」から得ることが多かったんよ。「まちとしょ」のごみをごみ収集場に行って、今現実としてのごみの姿を知ってなくてそれで何かきたんよな!笑

K:きっかけからアイデアが浮かんだんすね。以前先輩とは自分にとってのデザインとはってことを話しましたけど、今回先輩にとっての卒制では以前話したことが絡んでいますか?
萩原先輩のデザインとは

H:自分の答えというのがどう出せているのか。深く考えれている感じじゃないのかなって思います。見てもらえれば分かります。

K:Q3

H:難しいなぁ〜今までの集大成というよりもこれからのためになるもの。
まさに「未来のための第一歩」。後悔は間違いなくしない。
一言で言えば「証」!!

K:Q4

H:本当にみんなに助けてもらっている。大きいことをすればするほど一人でできないことは多いんだなって気づいたんよ。だから人との出会いの大切さを感じてもらえるそんな雰囲気を僕はここでは作っていきたい。

K:僕も人との出会いは大切だと思います。インタビューをこれにて終わります。
時間がない中、本当にありがとうございました。失礼します。

H:あぃよ!ありがとうな!

3rd-k-4.jpg
↑左 萩原先輩
右 三人はお手伝いさん
  

 

特派員だより