» プロジェクト

祖母へのオマージュ

2010年6月22日 23:53【くらし, たてもの, プロジェクト, 未分類

 パリのシャルルドゴール空港の2Fターミナルでアムステルダム行きの飛行機を待っています。10日前に祖母が亡くなり急遽日本へ帰国をしたのですが、なるべく有効に時間を使おうと夜遅く成田を発ち、早朝(朝4時!)にパリに到着する便で戻ってきたのです。

22juni10-01.jpgアムステルダム行きの飛行機は2Fターミナルから出発します。空港のゲートは通常特徴のない通路に配列されていて味気ないものですが、ここはガラスで覆われた鉄骨構造の大空間から搭乗するようになっていて、パンチドメタルを通して拡散された柔らかい光の溢れる陰影のない空間は、旅立ちのロマンスがあっていいなあとはいつも私は思います。もちろん夏の昼間は正直かなり暑いのですが、今朝は日の出の時間に重なり、ゆっくりとラウンジは明るくなっていってうっすら色づく水平線を見ながら私はちょっとメランコリックな気持になりました。今年103歳になる祖母の葬儀を済ませ、私が設計者として関わった、彼女が友人たちと最期の7年間を暮らした神奈川県真鶴町の共同住宅の将来を考える話し合いを始めた今回の滞在は私がこうして建築の仕事をしている背景には祖母の影響が大きかったということを改めて実感した日々でもありました。そこでアムステルダムと東京の間の夜とも昼ともつかない空の上を漂いながら書いた祖母の思い出を紹介させてください。

Categories:

Recent Entries: