日曜日はワールドカップ決勝です!

2010年7月 9日 23:29【くらし, まち, アムステルダム, オランダ, 未分類

 ワールドカップも決勝のみを残すところまでやってきました。オランダは一週間前に1998年以来の悲願だったブラジル打倒を果たして以来たいへんなことになっています。誰もが超忙しい夏休み前、一か月前に選挙が終わったというのに連立政権がまだまだ成立しそうもない政治不安の真っ只中、そして不況から回復するどころか長期泥沼状態になり、誰もが夏休み以降はさらにひどくなりそうだと内心思っているのに、正直なところ、私自身も含めて、もうそんなこと、ふっとんじゃったみたいです。

 ワールドカップは不思議です。サッカーはすごく面白いスポーツで、テクニック、戦略、アクシデント、肉体美、空間性などなどすべて入った総合スポーツ芸術だと思います。でもワールドカップのインパクトってスポーツを超越しているように思います。国民性とか文化といったようなコレクティブなアイデンティティにまで及んでしまうような。

 日本に生まれて育った私にとっては相撲と野球が身近なスポーツで、(そうです、私はスポーツをするのも見るのも大好きです。肉体と精神と空間の瞬間的な関係性を体感することは何よりもの快感なのです、私にとって)オランダに住むようになってサッカーが私の日常生活のリズムと感覚に組み込まれるまで数年かかりました。そしてやっと面白く思えるようになったころ1998年ワールドカップフランス大会が開催されました。その時のオランダチームにはクライフェルト、ベルフカンプなどなど、キーパーはファン・デル・サールがいて、今年のオランダチーム以上にレベルが高く、快進撃をしていたのですが、勝てば勝つほどほど、'街'の雰囲気が変わっていくことに気付いたのです。誰もがオレンジ色の服を着るとか、町中オレンジのデコレーションとか、そういうことだけではなくて、空気が変わっていった。私自身も高揚してたせいかもしれないですけど、道行く人の興奮が街を満たしているような感じで、コンサートが始まる直前のコンサートホールの雰囲気がずっと続く、といったらわかっていただけるでしょうか。そしてアルゼンチンに勝ってベスト8になった時のことは忘れられません。ベルフカンプのゴールの瞬間、駆け抜ける歓声で町は震え、試合後は車のクラクションと自転車から叫びながら走り回る人と運河からはボートで騒ぐ人で一晩中大騒ぎでした。都市空間のダイナミズムって立体的に音で認識できるんだなあ、としみじみと思ったことを今でもよく覚えています。先週のブラジルに勝利した後はちょうど同じような感じでした。サッカーのアーバンで空間的なインパクトは、民衆が街路でボールをけることから始まったサッカーというスポーツのDNAなんだろうなと私も夜更けまで興奮する町の空気を満喫しました。でも、ここまではまだ理解可能な、フィジカルなインパクトの話です。でも、もしもオランダが日曜日にスペインに勝ったら、その時に起こるのはそんなことではないのです。

 歴史がその時変わる。その時、オランダという国はオランダ人にとっても世界中の人にとっても変わってしまう。ちょっと次元は違うかもしれませんが、今回のワールドカップの日本の活躍で、日本も変わったと私は思います。デンマーク戦、あの戦いぶり、あのゴール、あるいはパラグアイに対する死闘、PKの悲劇。オランダの人が「日本」と呟くとき、日本チームのイレブンが見せた、執拗で、正確で、テクニカルなプレーは、そしてPKの悲劇は、すでに日本のコレクティブな文化として記憶されているのです。そして、何年もたって試合の内容は忘れてしまっても、あの時日本チームが残した印象は忘れられることはないのです。考えてみれば、おかしなことですが。でもワールドカップの記憶は長く、語りつがれる。オランダでは決勝戦で敗退した74年と78年のワールドカップを誰も忘れていないし、その時生まれていなかった子供たちでさえも、ファンバステンやクラウフのゴールのディテールも興奮の記憶もシェアしていて、決勝敗退の悔しさは今でもオランダ国民共有の悔しさなのです。なんともクレージーなスポーツです。

9juli10 01.jpg では、オランダが勝ったらどうなるのか。参考になるのが、1988年のヨーロッパカップ優勝の時のことです。帰国した選手たちはオレンジ一色となったアムステルダムの町に迎えられ、運河をパレードします。それは1945年に戦争が終わってドイツから解放されて以来の騒ぎだった、と戦争を知る世代の人たちは言います。そしてあれ以来、オランダ人は変わった。他にもいろいろオランダの人はオランダを誇っていると思いますが、確実にアイテムが増えた。試合に勝ったのは選手なのに。なのに、国民が、国が、何か勝ち取ったような、偉くなったような、存在感を示したような意識に自然と誰もがなってしまうってすごくないですか。

Categories: