学科ホーム卒業生紹介

進路・資格

卒業生一覧

波多野 章子 Akiko HATANO

Profile

1977年  兵庫県生まれ
2000年  神戸芸術工科大学 環境デザイン学科 卒業
2002年  同大学大学院 芸術工学研究科 総合デザイン専攻 修了
2002年- 有限会社 建築思潮研究所 『住宅建築』編集部所属

Interview

Q.現在の仕事内容について、教えてください。
『住宅建築』という建築専門誌の編集者として働いています。
雑誌の編集とは、まず雑誌に掲載する内容を考えることからはじまります。
特集のテーマを何にするか、その特集にあった対象を探し、どういう方々にどういうかたちで関わってもらうかを考え、依頼をします。この段階で、主旨に合わない、まだ建物ができていない、スケジュール的なタイミングが合わないなど、さまざまな理由で断られる事もしばしば。しかし、その場合でも落ち込む暇なく、次なる手を考え、時には企画替えしながら、どんどん進めます。
実際の取材に入ると、撮影の立ち会い、インタビューや対談などを行います。依頼した原稿がなかなか届かない場合は、「そろそろ原稿どうですか?」などの声をかけながら、動かせる部分をどんどん進めていきます。
次に、ようやく集まった材料を誌面に落とし込んでいきます。どんな写真を、どんな風に見せていくのか、ページの構成、分量などを考慮しながら決定し、さいごは、文字の間違い、内容に矛盾がないか、雑誌全体で表現が揃っているかなど、細かな調整から、印刷所とのやりとりなどを経て、雑誌ができあがります。

Q.神戸芸工大で学んだことは、今の仕事にどう役だっていますか。
いろいろな先生と交わした会話です。社会に出ると、驚くような考え方や感性をもった人、意見が合わない人も含めて、老若男女さまざまな人に出会い、会話することになります。ある程度の緊張感を保ちながら、考えを整理して聞いてもらったり、述べたりすることは、いつまでたっても難しいことですが、大学の先生はその良きトレーニング相手になると思います。諸先生方に、なんだこいつは? と思われるくらい話かけてみるのも良いと思います。

Q.環境・建築デザイン学科の学生に、ひとことお願いします。
夢は、言葉にしないと叶わないそうです。
たくさん話そう。