Curriculum
年間カリキュラム

基礎造形

立体構成の初歩を学びます。デザイン基礎に関する多くの科目があり、初めてデザインに接する人も着実に力をつけられるカリキュラムが組まれています。

総合プロジェクト

神戸を中心とした地域でのまちづくり活動や様々なイベントの企画・運営などを学年学科を超え、学外の人々とも協力して行います。

環境・建築デザイン
基礎演習

学外での建築物等の見学や設計図面の基礎的なトレーニングを行います。

環境・建築デザイン
CAD演習

三次元モデリングの技法とアニメーションなど、コンピュータならではの設計手法を学びます。

環境・建築デザイン
実習Ⅰ

2年生になると、環境・建築デザインの実習が本格的に始まります。図面の描き方・模型の作り方などを、基礎から丁寧に学んでいきます。

ワインパーティー

実習作品の講評会や、学外から講師を招く特別講義の後に行われるワインパーティーでは、講師や学科教員を囲んで楽しくお話することができます。

自分専用の
作業スペース

2年生になると、学生がデザインの作業を行うスタジオ内に自分専用の作業スペースが与えられ、いつでも自由に使用することができます。

講評会

学科教員と学生たちの前で、自分の作品を発表します。さまざまな視点から作品講評と意見交換が行われます。

デザイン総合実習

3年生後期の実習では、3つの専門コース(住居・インテリア/建築/都市・ランドスケープ)に対応した課題から一つを選び、より専門的な学習を行います。

特別講義&
トークセッション

著名な建築家やデザイナーによる特別講義や、若手建築家を招いてのトークセッションをそれぞれ年5回程度開催。一線で活躍する人たちから直に学ぶチャンスです。

フィールドワーク

都市や街の実態を机の上で学習するだけでなく、実際に自分の目で観察して学ぶために、街に出てフィールドワークも行います。

公開設計競技
(コンペ)

公開設計競技(コンペ)は、大学の外の人たちと競い合って実力を試してみる良い機会です。本学の学生も毎年各種のコンペに入選しています。

卒業研究

卒業研究では論文と制作の両方を行います。4年生の前半では、自分で選んだテーマについて研究した結果を卒業論文にまとめます。

カオス

卒業制作が完成すると、美術館の展示室を借りて行う卒展「カオス」に出展します。卒展では、卒業論文最優秀作品の展示と発表も行います。

ポートフォリオ

デザイン系学生の履歴書ともいうべきもの。自分の作品を一冊にまとめて、就職活動や大学院入試の面接などに持っていきます。

卒業制作

卒業研究後半に取り組む卒業制作は、これまでの実習課題の集大成です。自ら課題をテーマ設定して、自由な発想に基づいて作品を制作します。

学部卒業時の受験資格

一級建築士(要実務経験2年)/二級建築士/木造建築士/インテリアプランナー(実務経験2年)/造園施工管理技師・建築施工管理技師・土木施工管理技師(要実務経験一級3年、二級2年)/他