News
最新情報

SNS

最新情報
news

信楽陶芸トリエンナーレ2010「信楽まちなか芸術祭」開催のお知らせ

2010/10/01-11/23
Update: 2010/11/23 @金子

2010年10月1日(金)~11月23日(火)の54日間、滋賀県甲賀市信楽町にて、信楽陶芸トリエンナーレ2010「信楽まちなか芸術祭」が開催されます。
本学科の卒業生の竹鼻良文さんが代表を務められる、-NAVI(ハイフンナビ)も参加されます。竹鼻さんは、FM SHIGARAKI 77.5や信楽町観光協会主催の「たぬき休むでぇ」にも参加される模様。
ぜひ足を運んでみて下さい。

【関連ホームページ】
信楽陶芸トリエンナーレ2010「信楽まちなか芸術祭」:http://tri.shigaraki-sp.com/
-NAVI(ハイフンナビ):http://navi2010.exblog.jp/


信楽まちなか芸術祭について


山並みのまにまに

中世六古窯の"やきもののまち"信楽は日本最古の茶園のひとつ朝宮茶のまちでもあります。日本の生活と文化を支えてきた"やきもの"と"茶"その二つの宝物をもとめて奈良から近江へ抜けるこの里山へあまたの人々が訪れ様々な文物が交換され日本の文化は発展してきました。

 セラミックが宇宙を飛ぶ時代になっても私たちの生活の基本は弥生時代からほとんど変わっていません。信楽の町並みも"やきもの"や"茶"を作り生活するために自然の理にしたがって営々と築かれ、国際陶芸都市として世界に知られるまちとなった今日も往時の面影のまま生き続けています。

 『信楽まちなか芸術祭』はこのまちだから残すことができた「自然と人と創造」のかたちを、歩き、触れ合い、味わい全身で感じていただけるように5つの地域の特性を生かした変化ある等身大の催しを用意しました。

 「新しさと便利」をもとめ変化し続ける近代文明の大きな岐路でデザインという言葉が生まれる以前の「ものつくり」のあり方を鎌倉時代からのシリコンバレー Shigarakiで考える機会を持つことは国際陶芸都市の大切な役目です。大きな川の流れは止まって見えます。みなさんと最初の一歩を踏み出したいと思います。


会期:2010年10月1日(金)〜11月23日(火・祝)
会場:まちなか会場 陶芸の森会場 朝宮会場 紫香楽宮会場 MIHO MUSEUM会場
主催:信楽陶芸トリエンナーレ実行委員会

後援
近畿経済産業局、近畿運輸局、滋賀県、(社)びわこビジターズビューロー、 読売新聞社、毎日新聞社、朝日新聞社、京都新聞社、産経新聞社、中日新聞社、 共同通信社、NHK大津放送局、BBCびわこ放送、毎日放送、朝日放送、関西テレビ、 読売テレビ、 KBS京都、FM滋賀、FM京都、FM大阪、FM三重、FM愛知、 FM802、 FM Cocolo、平城遷都1300年記念事業協会、NEXCO西日本