映像表現学科 プロジェクト

映像表現学科

学科オリジナルサイト

プロジェクト

神戸・三宮メインストリートアワードにおける映像制作

神戸・三宮メインストリートアワードにおける映像制作

「神戸のおしゃれ」を最も体現しているお店を表彰する「メインストリートアワード」。2018年度に引き続き2019年度も開催され、審査を経て受賞した5店舗に対し、本学の学生たちが記念映像を制作しました。
普段の映画作りとは違い、相手が求めているものをきちんと理解しながらデザインを行い、その上で学生ならではの視点をもって撮影を行いました。制作した映像はセンター街のビジョンにて映写され、学生たちは自分の制作物が実際にいろんな人々の目に触れることで、良い緊張感と刺激を受けられる機会に。スタッフ編成は2年生から4年生までの混成で、プロジェクト後の創作活動にも学年を超えたメンバーで行うという、学生間のコミュニケーションの進展にもつながりました。

パンク侍、斬られて候
パンク侍、斬られて候

パンク侍、斬られて候

映画「パンク侍、斬られて候」は監督以下、撮影技師、編集技師、サウンドデザインの担当として、映像表現学科映画コースの教員がメインスタッフとして参加し創り上げました。プロに成長した卒業生もスタッフとして参加し、また音響スタッフ助手や実験的音響創作のスタッフとして在学生も協力。加えてキャストやエキストラとしても在学生、教員や講師が多数出演しました。

078kobe.jp 映画上映会&展示およびイベント記録撮影

078kobe.jp
映画上映会&展示およびイベント記録撮影

「若者に選ばれ、誰もが活躍するまち」神戸を実現するために、クリエイターと神戸の市民が作り上げる参加型フェスティバル「078kobe.jp」。KIITO2階を会場に、展示や在学生・卒業生作品の上映会を行いました。イベント全体の記録撮影にも大勢の学生スタッフが関わり、関連イベントなどに使用されました。

コープこうべ「神戸メロンパン」ネットCM制作 with 神戸芸術工科大学 映画コース
コープこうべ「神戸メロンパン」ネットCM制作 with 神戸芸術工科大学 映画コース

コープこうべ「神戸メロンパン」ネットCM制作
with 神戸芸術工科大学 映画コース

コープこうべと一緒に「神戸メロンパン」のネットCMを制作。神戸メロンパンを食べながらの和やかな企画・シナリオ作りから始まりました。ロケの舞台となったのは、本学敷地内のマザーツリーの下。完成した映像は、販売促進ツールとしてコープこうべ店内でも使用されています。