3つのポリシー

ディプロマポリシー

神戸芸術工科大学は、人間生活に適合する科学技術を発展させるために、人間とその歴史を基盤に、科学技術を駆使した芸術表現を教育研究する芸術工学の大学として設立された。 「科学と技術」「芸術と文化」「人間と歴史」の学問分野にまたがる「芸術工学」の基礎知識を身につけ、豊かなコミュニュケーション能力と確かな表現技術の修得、感性の練磨に努め、常に時代の要請に鋭敏に反応し、社会との関わりの中で持続的に創造的な活動ができるデザイナー、アーティスト、クリエイターの養成を教育目標としたカリキュラムにおいて、所定の単位を修めた者に、学士(芸術工学)の学位を授与する。

環境デザイン学科

環境デザインに関する専門性と幅広い視野と知識に基づく実践的総合力、柔軟な思考力と構想力及び自身の考え方を表現する手法、社会で活動するために必要な教養とコミュニケーション力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

プロダクト・インテリアデザイン学科

時代や社会が抱えている課題を発見し、その課題に対して適正な解決手段や、具体的な実現方法の提案を行い、伝達できる能力、新技術や新素材の利活用、あるいは伝統や文化に対して、価値の再発見に挑戦し、それらの可能性を表現・伝達できる能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

ビジュアルデザイン学科

最新のデジタル技術と古典的な手作業の双方をバランス良く習得し、ビジュアルデザインを構成する文字・絵・動きをコントロールする能力を身につけ、視覚的な表現やコミュニケーションを通して社会活動や芸術表現領域に創造的な貢献が出来る能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

映像表現学科

映像表現学科では、デジタルクリエーション、映画、アニメーションの3つのコースのそれぞれの教育目標達成のために必要な、映像に関する多様な表現領域に新たな価値を提供する技能や能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

デジタルクリエーションコース

身の回りの現象やデザインに関する問題など、さまざまな対象を興味と好奇心を持って観察し、その構造や成り立ちを分析・把握する能力、目標の実現のための方法についてアルゴリズム化・手順化する能力、対象を表現するための技能や構成力など美的感性能力、グローバルな視点でのコンテンツを評価する能力、知的財産に関する権利や保護に関する知識などを修得し、デザイン的思考力をもって諸問題の解決ができる基礎的能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

映画コース

映画・映像コンテンツに必要な幅広い基礎的な知識及び的確な技術、表現力に基く映画・映像の制作能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

アニメーションコース

人に観せるために必要な、各自の個性と技術を表現する能力、進歩を続けるテクノロジーを取り込む基礎的能力、斬新な表現力、自らのアート表現の能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

まんが表現学科

まんが表現の基本である、物語とビジュアル演出に関する方法論や技術論を理解し、柔軟な思考と発想力を基盤として、アナログ及びデジタルの作品制作を通じて社会とコミュニケーションする能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。 

ファッションデザイン学科

新しいライフスタイルを提案する発想力と技術力を基盤とし、新しいマーケットを展開する提案力、デザイン・アートと深く関わっていく次世代の課題(生活環境・文化国籍・世代年齢・快適健康など)を専門的・統合的にファッションの表現または提案する能力を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

アート・クラフト学科

美術と工芸のモノづくりを基盤とし、オリジナリティのある表現、美術教育ではグループで行う協働の方法を身につけ、発信力があり創造性を有したと認めた者に学士(芸術工学)を授与する。

大学院

神戸芸術工科大学大学院は、現代の状況に即応するデザイン理論の深化により「芸術工学」の学問的確立を図り、その専門的研究を通して創造性豊かな研究者ないしは指導的実務者の養成及び多様化したデザイン環境に対応するため、高度な専門的知識・能力・技術を備え総合的視野をもつデザイナーの養成を教育・研究目標として、それらを実現するためのカリキュラムを編成し、所定の単位を修めた学生に修了を認定し、学位を授与します。