3つのポリシー

カリキュラムポリシー

本学では、芸術工学の分野で、多様な才能を可視化し、有為なかたちで社会に貢献できるように育成し、さらには将来の社会の発展や新たな価値の創造に寄与する人材の育成に努める。
カリキュラムポリシーとして、多様な感性、知識、計画、創造、倫理などの力を基盤とし、基礎(教養)、芸術工学基礎、専門、大学院の各科目の体系的な編成によって、専門的な観察力、思考力、調査・分析力、表現力、造形力、技術力、創造力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、進路計画力等を養成する。
体系的な科目履修をとおして、科学と感性を融合させる芸術工学としての広い知識と技術を学修する意欲を持ち、高度なアーティスト・デザイナー・クリエーターとしての自覚と誇りを持つ。また、客観性のある根拠に基づき説得力と協調性を有して指導的役割を果たし、社会や時代の要請に応じて新たな価値を創造し提案する能力を有する人材を輩出する。

1)基礎
大学人としてふさわしい高い教養を身につけ、多様な価値を理解し、倫理観と判断力を備えた人間性を涵養する。また、感性を豊かに育むための観察力と最も基礎的な芸術の知識を修得する。さらに、健康的で体力を備え、地域社会や国際社会で活動できるコミュニケーション力を身につける。

2)芸術工学基礎
芸術工学基礎は、従来の教養と専門との間の溝を埋め、社会に出た時に役に立つ高度な知識と芸術工学の多様な専門分野を学ぶにあたって共通に学んでおくべき教養的専門を修得する新たな教育段階として設置する。次の科目群によって構成する。
芸術工学の意味を確認し、芸術・デザインの各専門分野に共通する基礎及び今後のネットワーク社会で不可欠なコンピュータ基礎を学ぶ。また、各学科が提供する各専門の基礎を履修し、将来の分野を超越して新たな分野を開拓するための資質を育てる。さらに、芸術工学基礎自体の高度化を可能にし、学科を横断する課題に取り組み、内外の大学間連携に基づく異分野へと視野を広げる。

  1. 芸術工学の理念を学ぶ(芸術工学理念科目)
  2. 専門共通基礎を学ぶ(専門共通基礎科目)
  3. コンピュータ基盤を学ぶ(コンピュータ基礎科目)
  4. 全学科が提供する基礎的専門を学ぶ(全学科提供基礎科目)
  5. 学科を横断する課題に取り組む(学科横断科目)
  6. 大学連携による異分野を学ぶ(大学連携科目=ユニティ・国際連携等)

3)専門科目
専門科目では、芸術工学における環境デザイン、プロダクト・インテリアデザイン、ビジュアルデザイン、映像表現、まんが表現、ファッションデザイン、アート・クラフトの各分野における専門的な観察力、思考力・課題発見力、調査・分析力、表現力・技術力、コミュニケーション&プレゼンテーション力、問題解決力・計画力・協働力、創造力・独創的開拓力、進路計画力等を育成する。

芸術工学部/デザイン学部/先端芸術学部

4)卒業要件
カリキュラムポリシーに沿って基礎、芸術工学基礎、専門の教育課程を履修し、自立して専門家として社会に貢献できると認められた者に学士(芸術工学)の学位を授与する。