3つのポリシー

芸術工学部

アドミッションポリシーとして、幅広い知識または特定の分野において深い知識を有し、観察力、思考力、表現力、造形力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力などの固有の資質を有する学生を求める。学生は、一般的な学力以外にも多様な感性や創造力などの才能を持っていると考えられ、それらの才能を発見することをめざす。
入試では、AO入試(志望理由書・体験プログラム・面談・レポート)、推薦入試(デッサン・表現力・面接・学力)、資格推薦(資格・面接・作品・自己PR)、一般入試(デッサン・小論・作品・面接・面接・学力)大学センター試験利用入などを課し、評定する。多様な観点から入試を行い、特に秀でた能力を抽出できるように努める。

環境デザイン学科

教育理念・目標

インテリアから建築、都市、ランドスケープ、まちづくりに至るまで、私達を取り巻く“環境”を総合的な視野に立って“デザイン”できる人材を育成します。それぞれの分野のデザイナーや専門家として活躍するための実践的な知識と技術を学ぶ一方で、既存の都市や建築のリノベーションなど、現代社会の課題を解決するための創造的な環境デザインを考えることができる力を養います。また、環境デザインの領域では、クライアント(依頼者)へのプレゼンテーション(提案説明)や他の専門家とのコラボレーション(共同作業)も重要であることから、デザイン実習での指導教員とのディスカッションや全体講評会での発表などを通して、各種コミュニケーション能力を身につけるためのトレーニングも併せて行います。

求める学生像

環境デザイン学科では、次のような人たちを、大いに歓迎します。

  • 住まい、インテリア、建築、まち、そして風景に対する好奇心をもっている人。
  • 様々な人々とのコミュニケーションを通して、自分の考えを発展させることに興味のある人。
  • 絵や図形を描く、立体物を作る、文章を書くといった、なんらかの表現行為に関心がある人。
  • 私たちを取り巻くグローバルな環境を、未来に向けてより良いものにしたいという意欲をもつ人。

pagetop

プロダクト・インテリアデザイン学科

教育理念・目標

プロダクト・インテリアデザイン学科は、ヒト・モノ・空間のより良い関係性を追求する学びのプログラムを提供します。デザインを「最適化の技術」として位置づける手法として基礎造形訓練と共に「ユニバーサルデザイン」を学科全体の基礎学に置き、社会の要請に応えることのできるデザイナーやプランナー、研究者の養成を目的としています。対象領域から以下の3コースを設置し、手法・理論・表現技法について学修するカリキュラムを提供します。照明やサイン・展示計画、家具、スペースおよび木工を対象とする「インテリア・家具・木工コース」、機器・装置や生活用品、玩具および、独自のアプローチを要するカーデザインなどを対象とする「プロダクト・カーデザインコース」、そして、広領域の実践的・発展的な教育研究を行う「ユニバーサルデザインコース」です。

求める学生像

プロダクト・インテリアデザイン学科では、可能性を持った次のような学生を募集します。

  • 美しさ、楽しさ、心地よさを素直に感受し、自らも創造し伝えたいと思う人。
  • 既成概念にとらわれず、未知の「モノ・コト」に興味を持ち、失敗を恐れず挑戦する意欲のある人。
  • 自然や歴史、文化を尊重し、未来のデザインに活かすことができる視野の広い人。
  • 自分や他者の「不満」、「不安」、「不便」を敏感に察知し、解決のために創意工夫する姿勢を持った人。
  • 他者や異文化との関わりを大切にし、社会に貢献することを楽しいと感じられる人。

pagetop

ビジュアルデザイン学科

教育理念・目標

ビジュアルデザイン学科は、グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、Web・モーショングラフィックス、イラストレーション・絵本創作の分野における知識と技術を身につけ、豊かな創造性をもって魅力あるデザインを発信できる専門家の育成を目指しています。この理念を実現するために、自らの意欲や関心を高め、好奇心を持って探求するとともに、社会のなかで情報やイメージを的確に形成、表現し、伝えることができる人材の育成を目標としています。

求める学生像

デザインを取り巻く社会の動きや技術の変化にともない、ビジュアルデザインが社会や文化に果たす役割はますます大きくなってきています。ビジュアルデザイン学科では、このような動きに柔軟に対応でき、社会に貢献できる資質をもつ学生を求めています。

  • 豊かな感性をもち、新たな時代をきりひらくデザインや表現に挑戦しようとする意欲と情熱をもつ人
  • 社会や自然に対して興味、関心をもち、問題点や発見を引きだすことができる観察能力にすぐれた人
  • まわりの人と適切なコミュニケーションをとり、相手の立場になって考え、表現できる人
  • 目標に向かって地道な努力をおしまない努力家タイプの人

pagetop

映像表現学科

教育理念・目標

映像表現学科では、映画や映像、アニメーション、コンピューター・グラフィックスに代表されるデジタル・クリエーションの多様化、深化する技術に対応する知識、経験の修得を目指します。現在の映像表現は、コンピューターに代表されるデジタル技術の飛躍発展により、専門化、複雑化しています。それゆえ、素晴らしい作品が生み出されることとなるのですが、その創作には、分野にかかわらず綿密な作業工程、気の遠くなるような作業量、作業時間が費やされます。そうした、映像表現へのこだわりを、現場で活躍するプロの教員とともに学び、映像創作の基礎へと発展させます。

求める学生像

映像作品に心を奪われた、魅せられた、驚いた、そういった体験を持つ人たちを求めています。作品への抑えがたい感動が、みずからの作品制作へのエンジンとなり、突き進むエネルギーを供給します。作品完成を目指して、技術を磨き、沈着冷静に行動し大胆に飛躍すること、そうしたことにチャレンジしていただきたいのです。作品制作に対して、誠実に、着実に、努力できる、そういった泥臭くとも真面目な、技術に裏打ちされた表現者を求めて止みません。

pagetop

まんが表現学科

教育理念・目標

まんがは表現手段として非常に手軽でしかも設備も人材もいらないメディアです。みかん箱とペン(古い例えで申し訳ありません。分からない人はみかん箱、まんが、机で検索をかけてください)があればデビューが可能です。しかし、描きたい意識が先行して、どう描いたらいいか解らない、描きたいことがボンヤリして筆が進まない。これは、まんが表現のリテラシー(読み書き)が分からないだけの問題です。もし、あなたが本気でまんが表現に突き進みたいのであれば、まんが表現学科は全力で支援します。まんが表現のリテラシーを繰り返し、繰り返し教授します。それは、紙のまんがだけでなく、イラストレーションやデジタルまんがにもその範囲を拡大します。苦しい戦いがそこにはあります。それを乗り越える強い意思のあるチャレンジャーを育てることが本学科の目標です。手加減はありません。

求める学生像

まんがは誰が何と言おうと面白いものです。それは理屈なく圧倒的に目で感じるものです。そうした面白さは、自分だけのものではなく、何の利害関係もなくとにかく人に伝えたくなるものです。本当に好きなこと、それを表現することを目指すことは、どんなに辛くても生きていく糧になります。まんが表現学科が求める学生像は、まず、辛さに耐えて自分に厳しい人です。そして……

  • まんがが好きで、いつもまんがのようなものを教科書の端に描いていた人。
  • まんがが好きで、友達に好みのまんがを真心をもって薦めた人。
  • まんがが好きで、まだまんがが描けるかどうか解らないけれども、これからどんな努力を払ってもまんがを描きたい人。

pagetop

ファッションデザイン学科

教育理念・目標

ファッションデザイン学科は、テキスタイルデザイン、ファッションデザイン、ファッション企画を中心に、モノのデザインから、コトのデザイン(企画)までファッションに関する専門知識と技術を身につけます。そして、創造力豊かなファッションデザインを世界に発信できるデザイナーやプランナーなどの育成を目指します。また、自らの意欲と探究心で個性を伸ばし、時代や社会の中で情報を読み取り、イメージを的確に形成し、表現し、伝えることができる人材の育成を目標とします。

求める学生像

本学科では、人間の営みに関わる「ファッション」を幅広く捉え、自身の感性や個性を活かし、デザインを通じて自らの考えを社会に提案できる人材の育成を目標としています。以上の観点から、本学科では次のような学生を求めています。

  • 自然や社会に関心を持ち、強い表現意欲とねばり強さをもっている人
  • 生活を彩るモノに興味があり、またそれらの問題点を見出せる人
  • 豊かな感性と探求心があり、個性を伸ばすための地道な努力のできる人
  • 自身を活かすだけでなく、他人と協力・共同して実行する姿勢をもっている人

pagetop

アート・クラフト学科

教育理念・目標

アート・クラフト学科では各種の材料にふれ、それぞれの技法の習得をもとに、1人1人が各自の表現世界を形成し、展開させることを目標にしています。またあわせて、多様化する生活や社会の中で新しい芸術文化の形成を導くことのできる能力を身につけることも目的としています。

求める学生像

アート・クラフト学科には5つの専門コースがあります。絵画コース、フィギュア・彫刻コース、ジュエリー・メタルワークコース、ガラス・陶芸コースでは作品制作を主として独自の世界を展開し、展覧会やコンクールにおける発表で社会的に評価されるアーティストやクラフト作家を目指す人を求めています。また、美術教育コースでは作品表現を学ぶだけでなく、アートを介して社会と関わっていく美術教員やアートワークショップ、アートプロジェクト等の実践を目指す人を求めています。

  • 中学、高校における美術工芸教育や、美術館における教育普及活動、地域におけるアートワークショップやアートプロジェクトなど、美術、教育、社会に関心のある人
  • イメージが豊かで、旺盛な表現意欲を持っている人
  • 色や形の世界に強く好奇心を持っていて観察力に優れた人
  • ものづくりに熱い情熱を持っていて労力を惜しまず努力できる人
  • 趣味などにこだわりを持っていて独自の世界をかたちにして発信したい人

pagetop

大学院 芸術工学研究科

デザインやアートの専門的研究と理論の深化を通して創造性豊かな研究者を育て、また、現代の多様化した環境とシステムに対応できる知識・能力・技術を備えた実践的な戦略を立てられる総合的なデザイナー・アーティストを養成すべく、学生募集を行います。

芸術工学専攻(博士後期課程)

求める学生像

  • 「芸術工学」を基盤にして知識基盤社会を多様に支える人
  • デザインやアートの学術活動を通して、創造性豊かな研究開発に意欲のある人
  • 確かな教育能力並びに研究能力を兼ね備えた高等教育の教員を目指す人

総合アート&デザイン専攻(修士課程)

求める学生像

  • デザインやアートの制作活動や学術活動を通して、創造性豊かな感性を備える人
  • 現代の多様化した環境とシステムに対応するための高度な専門知識・能力・技術に高い関心を持ち、それらを身につけたいと求めている人
  • 実践的な構想及び戦略を計画・立案できる総合的なデザイナーを目指す人
  • 高度なアートの専門知識および卓越した表現能力・技術を備えた総合的なアーティストを目指す人

pagetop