プロダクト・インテリアデザイン学科

3つの専門分野を柱に、手と身体を動かしながら、ものづくりと人との関わりを学ぶ。

少人数のゼミによる教員のきめ細やかな指導と、学外も含めた実践の機会の豊富さが特徴です。また、資格取得や中学・高校の美術教員のための教職課程など、充実した内容となっています。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

curriculum_pd_16

※インタラクションデザインコース対象者には別途専門科目が設置されています。

1年次

社会のニーズに沿ったデザインを考える

講義や実習を通してデザイン全般の基礎を学びます。「人の暮らしに沿った造形」をベースに考えながら、めざす分野に対する意識を高めていきます。

身につくチカラ

・デザインの基本的なプロセス
・初歩的な知識とデザイン手法および表現力
・基礎的な工作能力
・グラフィック表現力

科目

学科共通科目
・プロダクト・インテリアデザイン概論
・雑貨・インダストリアルデザイン
・生活デザイン
・プロダクト・インテリアデザイン史
・プロダクト・インテリアデザイン実習Ⅰ・Ⅱ
・ビジュアルテクニックⅠ
・製図法演習
・CAD基礎演習
特別科目
・フレッシュマンセミナー

上に戻る

2年次

ものづくりに取り組み、技術を高める

課題を通して各専門分野についての理解を深め、表現技法を習得。第一線で活躍するデザイナーを招き、より専門的なデザイン技法も学びます。

身につくチカラ

・基本的な知識とデザイン手法
・コンピュータソフトウェアの基本的な操作と表現力
・作品づくりの知識と技術
・木工、家具づくりのための知識と技術

科目

学科共通科目
・家具・インテリアデザイン
・生活機器デザイン
・ユニバーサルデザイン
・自然とデザイン
・プロダクト・インテリアデザイン実習Ⅲ・Ⅳ
・ビジュアルテクニックⅡ
・デジタルプレゼンテーション
・福祉住環境論
コース専門科目
・インダストリアルデザイン計画
・照明デザイン
・インターフェイスデザイン
・材料と加工
・インテリア製図Ⅰ
特別科目
・デザインの現場を語る

上に戻る

3年次

実践的なデザインスキルを育む

自ら課題を探し、新しいアイデアを提案するまでの一連のデザインワークを実施。産学連携プログラムや演習で実践力を身につけていきます。

身につくチカラ

・専門的な知識とデザイン手法
・コースを横断した総合力と実践力
・コンピュータソフトウェアの専門的な表現力
・社会的な経験値とコラボレーション力
科目
コース専門科目
・生活デザイン表現法Ⅰ・Ⅱ
・インテリア製図Ⅱ
・インダストリアルデザインⅠ・Ⅱ
・インダストリアルデザイン表現法Ⅰ・Ⅱ
・ユニバーサルデザインⅠ・Ⅱ
・ヒト・モノ・空間を測る
・木工技法演習
・雑貨の歴史とデザイン
・インテリア表現法
・家具・設備計画
・インテリアデザインⅠ・Ⅱ
・エクスペリエンスデザイン
特別科目
・アドバンス演習
・デザインリサーチ

上に戻る

4年次

培ったデザイン手法と表現力を形にする

4年間の集大成として、卒業研究・卒業制作に取り組みます。コースを横断して自由に制作できる点は大きな魅力です。作品は学外の美術館で一般公開します。

身につくチカラ

・高度で専門的な知識とデザイン手法および表現力
・一連のプレゼンテーション能力
・実践的な計画力、制作力、実行力

科目

コース専門科目
・ユニバーサルデザインⅢ
・インテリアデザインⅢ
・インダストリアルデザインⅢ
特別科目
・卒業研究

上に戻る